鯛らーめん穂と花 – 寿司屋が本気で作った鯛ラーメンが悶絶するほど美味かった!

スポンサードリンク
鯛らーめん穂と花 – 寿司屋が本気で作った鯛ラーメンが悶絶するほど美味かった!

 
鯛ラーメンの常識を一気に覆す、濃厚でパンチのあるラーメン。
食べた時の第一印象だ。
革命的とも言えるこの鯛ラーメンを提供しているのは、糸島市の高田にある一力寿司。

寿司屋としての営業もしつつ、新たな屋号「鯛らーめん穂と花」を掲げて同店舗で営業。
その感動の味をレポートしよう。
 
本日の撮影機材:Fujifilm X-T1XF35mm

店舗名:鯛らーめん穂と花(一力寿司)
住所:福岡県糸島市高田5-20-8
電話番号:092-323-2015
営業時間:平日 昼の部 12:00〜15:00 夜の部 19:00〜21:00
駐車場:あり

店舗が改装されていました

TSUTAYA前原店の隣の脇道をまっすぐ行ったらたどり着く一力寿司。
正直わかりにくい場所です。

雰囲気あるお店に改装されていました!
雰囲気あるお店に改装されていました!
クマはそのまま(麺は慶史系らしい)
クマはそのまま(麺は慶史系らしい)

ラーメン屋を始めるために店舗を改装。
今までとは全く雰囲気が変わりました!
カウンターのみでの営業。
しかし店内を撮り忘れた…

メニューとウンチク
メニューとウンチク

感動の鯛ラーメンとご対面!

メニューは基本の「鯛らーめん穂」と、生ハム抜きの「鯛らーめん花」のみ。
替え玉もありませんが、大盛り設定はあり。
ご飯ものは寿司屋らしく、助六かレタス巻き。

ということで「鯛らーめん穂」を注文。
出来上がりを待ちます。

真面目にラーメンを作る大将の姿に驚き…
真面目にラーメンを作る大将の姿に驚き…
カウンターの上には、具材が並んでいきます。
カウンターの上には、具材が並んでいきます。

カウンターの上に何やら盛られてきたので、前菜的なものがあるのか!?と思ったら…。
トッピングを忘れないために一旦並べるようにしているとのこと。
そこそこ時間がかかりますが、目の前に鯛ラーメンが登場!

見た目のインパクトあり!
見た目のインパクトあり!

豚骨スープを思わせるような、ちょっと白濁したスープにびっくり!
昆布、カツオ、つまんでご卵の万歩鶏をベースとするという贅沢なもの。
それだけでも十分に美味しいスープになりそうだけど、さらにその味に負けないほどの鯛を投入して、濃厚な味わいを出している。

なんなんだ、そのコスト度外視感。

香味油、かえしについてもかなり拘って作っているのですが、完全なネタバラシになってしまうので、この辺りで…。
って言うか、壁に貼ってあるウンチクに全て書いてあります…。

見た目の美しさも!
見た目の美しさも!

しかし、スープを一口飲むと、その味のインパクトに驚く。
鯛ラーメンというと、なんとなくあっさりとした味を想像しますが、穂と花はそこが違う。
強烈にパンチのある味なのだ!
引き算で成立する通常の和の世界とは一線を画す。
凄まじい勢いで押し寄せてくる鯛の旨味によるビッグウェーブに、押し流されてしまいそうだ。

それだけでは終わらない。
その上に乗るのは、鯛の生ハムと、赤味噌と鯛のほぐし身を合わせたもの。
鯛の生ハムは序盤に1枚、最後の方に1枚と時間をずらして食べると、味わいが全く変わって面白い。
鯛のほぐし身も同様。
序盤は崩さずに、中盤から少しずつ溶かしながら、味の変化を楽しむのがベスト。

糸島メンマもたっぷり!
糸島メンマもたっぷり!

麺は太めのちぢれ麺。
食べ応えもあり、濃厚なスープとの絡みも良し。
すごい興奮状態で1杯を食べ終えた。
とんでもないものを食べてしまった気分だ…。

いきなり唯一無二の味わいを確立した!

濃厚鯛ラーメンは完全に未体験ゾーン。
新規参入なので味をインパクト重視に振っているというところはあるだろうけど、「鯛らーめん穂と花」は唯一無二の味わいを、いきなり確立させていた!
本当に驚きだ。

ただし、仕込みの手間、食材の質、投入量を考えると、鯛ラーメン一杯880円という価格はなんともバランスが悪い。
どうにも安すぎるのだ。
お店として続けていくには、やはりしっかり利益を出していかないと健全ではない。
いや〜、ほんとこれは大サービスプライスだ!

さらなる進化と発展を楽しみに!

微妙に一力寿司のテイストが残っていて、世界観の確立までは至ってないのが残念。
寿司屋さんらしく助六のセットもあるけど、あのパンチのある味だったら、やっぱり白ごはんの方が合うだろう。
最後にごはんを投入するのも良さそうだ。
壁に貼ってあるウンチクもカウンター席一つ一つに置いて、来店したお客さんに読んでもらいながらゆっくり待ってもらうような演出もあっていいのではないか、とも思う。

ここにウンチクを置いてほしい…
ここにウンチクを置いてほしい…

それこそ前菜からスタートして、鯛ラーメンを食べるようなコース料理さえもできてしまいそう。
まだまだ伸び代ありまくり!
早速百貨店の催事に出店とのこと(2018年9月19日〜24日まで大丸福岡天神店にて)
今後の展開が楽しみで仕方ない。

一力寿司の情報はこちらにもたくさん!ご一緒にどうぞ!

世界一のおもいで屋 一力寿司 – インスタ映えスポット!天使の羽があるぞ!

世界一のおもいで屋一力寿司 – 寿司屋が作るラーメンが糸島グルメグランプリに!

世界一のおもいで屋 一力寿司 – 今年も恵方巻きイベントに参加してきた!

世界一のおもいで屋 一力寿司 – クマだけじゃない!恵方巻きがめちゃめちゃ美味かったぞ!

糸島市民まつり2017 – 糸島グルメグランプリの優勝は糸島ラーメンゆうゆう「糸島めんまラーメン」!

糸島市民まつり2017 – 糸島グルメグランプリ中間発表トップは、糸島ラーメンゆうゆうの「糸島めんまラーメン」!

糸島市民まつり2017 – 糸島グルメグランプリ、注目のお店をピックアップ!

糸島市民まつり2016 – 糸島グルメグランプリの優勝はドゥワンチャン「糸島豚のココナッツレッドカレー」!

糸島市民まつり2016 – 今年もグルメグランプリ開催!中間発表でのトップはドゥワンチャンの「糸島豚のココナッツレッドカレー」!

さいごにプチ情報(編集後記も必読)

★更新情報はTwitterFacebookで配信するので、ぜひフォローをお願いします。

Amazonの欲しいものリストを公開中!
プレゼントしていただけると、わたしが喜びます。

↓ラーメンの味を分析する本!

 

編集後記 2018年09月15日 22時
実は今回、鯛ラーメンを食べた後にポッドキャストの収録もさせていただきました。鯛ラーメンについても色々と話が聞けたので、大丸の催事前には公開したいな〜!

スポンサードリンク
Profile image
西川 健一
糸島ゆるゆるライフ
ブロガー / フォトグラファー
福岡県糸島市在住の平日はサラリーマン。ブロガー / Webプロデューサー / イベントカメラマン / ライブカメラマン / など、複数の活動をこなす。2014年04月発売「まったく新しい糸島案内改訂版」を皮切りに、多数のメディアに登場、協力をしています。2018年6月より、BlueRoofの桑田くんとタッグを組んでポッドキャスト「オレたちのラジオ」を配信中!
See more info

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)