世界一のおもいで屋一力寿司 – 寿司屋が作るラーメンが糸島グルメグランプリに!

世界一のおもいで屋一力寿司 – 寿司屋が作るラーメンが糸島グルメグランプリに!

 
今年も糸島市民まつりが10月1日、2日の二日間開催される。
中でも人気なのは「糸島グルメグランプリ」というグルメイベント。
たくさんの出店者が自慢のメニューを提供し、お客さんが投票をするという本気バトル。
 
スポンサードリンク

今年は20店舗が参加。
その中に「世界一のおもいで屋 一力寿司」も!
去年はシャリを使ったグリーンカレー。
今年はなんとラーメンを出すという。
しかも、今回の糸島グルメグランプリ唯一のラーメン。
ありがたいことに事前に試食させていただいたので、紹介しておきます。
 
本日の撮影機材:Fujifilm X-T1+XF35mm

鯛を使ったラーメンです!

「試作したから食べに来ない?」と声をかけていただき、某日の夜にお店へ。

21時過ぎといいうことで、真っ暗のお店前

21時過ぎといいうことで、真っ暗のお店前

店内入ると壁にはたくさんの写真が!

店内入ると壁にはたくさんの写真が!

で、早速作ってもらうことに。
しばらく店内を眺めながら待ちます。

こっそりクマがいたりする店内

こっそりクマがいたりする店内

10分ほど待って、目の前に寿司屋が作るラーメンが登場!

シン・タイラーメン登場!

シン・タイラーメン登場!

パンフレットには「糸島鯛ラーメン」となっていますが、正式には「シン・タイラーメン」といいます。
見た目は塩ラーメン的な雰囲気。
ベースは和風だしのラーメンで、アッサリとしたタイプ。
その上にネギ油で炒めたモヤシ。
更に味噌ベースの鯛のあら炊きがのっています!

アップで!

アップで!

まずはアッサリとした和風だしのラーメン。
その後はモヤシと合わせて。
最後は鯛のあら炊きと合わせて味噌ラーメンのようにと、三段階の楽しみ!
アッサリとしたラーメンが、段々とパンチが効いてくるようなイメージです。

鯛は糸島で獲れたもの!

鯛は糸島で獲れたもの!

あら炊きとの組み合わせというのがなかなか面白く、味のインパクトもあり!
今までに食べたことがないラーメンでした。

たぶん改良されて登場すると思います!

私が食べたものはあくまでも試作段階のもの。
最終は更に改良されたものが出ると思います!
全く違うものになっているかもしれません…。

ベースのラーメンはアッサリ味と感じましたが、和食の世界では考えられない濃い味になっているとのこと。
ただ、グルメグランプリという場で和の世界を徹底しすぎると、インパクトが薄くなってしまうのが悩みどころらしい。
だからと言って、パンチのある味にしてしまうと、最後のあら炊きが混じったときにとんでもなく濃い味になってしまうのも難しいところ。

この矛盾をどういうバランスで仕上げてくるのか。
10月1日のスタートを楽しみにしています。

ラーメン屋ポーズ!

ラーメン屋ポーズ!

関連記事

編集後記 2016年09月28日 21時
「シン・タイラーメン」というネーミングから分かるように、「シン・ゴジラ」ネタが散りばめられています。味の三段階もそういうことですね。ブースもそれっぽい工夫をこらしてくると思うので、そういう目線でも見逃せないブースになりそうです。っていうか、私も一力寿司ブースの中にいる時間帯があると思うので、みかけたらぜひお声掛けください。

 
スポンサードリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)