手づくりドーナツ – 食工房たまひろさんの素朴な味わいの手作りドーナツ!より美味しく食べる方法を教えてもらった!

手づくりドーナツ – 食工房たまひろさんの素朴な味わいの手作りドーナツ!より美味しく食べる方法を教えてもらった!

 

 
伊都菜彩のイベントは美味しいものがいっぱいで見逃せません。
先日の日曜日に行ってみたら、また魅力的な食べ物があふれてました!
その中で、地味な存在ながらもバンバン売れてた食工房たまひろさんの「手作りドーナツ」。

伊都菜彩でのイベントの様子
伊都菜彩でのイベントの様子

オーナーの中西さんに美味しい食べ方までうかがったので、早速実践してみました!
 
本日の撮影機材:Ricoh GXR+A12 50mm F2.5 macro

(実店舗もあります!)
店舗名:食工房たまひろ
住所:福岡県糸島市志摩井田原55-6
電話番号:092-327-2143
駐車場:余裕あり
※未舗装のため車高の低いスポーツカーは注意

素朴な味わいの手作りドーナツ!

この手作りドーナツは、沖縄のお菓子として有名なサーターアンダーギーです。

首里方言で「サーター」は砂糖、「アンダーギー」は「アンダ(油)」+「アギー(揚げ)」で「揚げる」、揚げ物を意味する。その名の通り砂糖を多めに使用した球状の揚げドーナツである。「砂糖天ぷら」(さとうてんぷら)「サーターアンダギー」、「サーターアンラギー」ともいう。宮古列島では「さたぱんびん」と呼ばれる。宮古方言で「さた」は砂糖、「ぱんびん」は揚げ菓子を意味する。

砂糖がふんだんに使われ、また気泡が小さくて密度が高いため、食べ応え・満腹感のある菓子であり、表面はサクサク、中はシットリもしくはモッソリとした食感である。時間をかけて中まで揚げることから日持ちし、数日程度は常温下でも置いておけるため、これを一度に大量に揚げる。;Wikipedia

感じとしては、ミスドのオールドファッションみたいな雰囲気です。
ほんのり甘みがあって美味しい!

手作りドーナツ!大きなドーナツがゴロゴロ入って1袋500円!
手作りドーナツ!大きなドーナツがゴロゴロ入って1袋500円!

で、この手作りドーナツは簡単なひと手間で更に美味しくいただけます!

トースターで焼く!

ほんと一般的な方法で単純なことです!

ドーナツをガンガン揚げているオーナーの中西さんに教えていただきました!
ドーナツをガンガン揚げているオーナーの中西さんに教えていただきました!

とにかく、トースターで様子を見ながら温めるだけ!

温めを実践!
温めを実践!

予熱1分、温め3分くらいの感じでしょうか。
温めると油が出てくるので、アルミホイルを敷いていた方がいいです。

コレをやるだけで、外がカリッと、中がフワッとした美味いドーナツに!

断面
断面

家で食べる時にしかできませんが、面倒くさがらずにぜひお試しを。

塩ドーナツも同じ!

これが塩ドーナツ!
これが塩ドーナツ!

以前「塩ドーナツ」も同じ方法でいただきましたが、美味しさ倍増です!
塩ドーナツは1個が小さいので食べやすいです。

小さいドーナツがたくさん入ってます!
小さいドーナツがたくさん入ってます!

イベントで出会った時には、揚げたてもぜひ食べてみてください!

関連記事

編集後記 2014年03月12日 22時
たまひろさんの作るものは、どれもオーソドックスな味わい。それだけに飽きもこなくて、いつでも食べられると思います。大好きです。

 
スポンサードリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)