河内藤園 – 2016年から入園システムが変更になった!

河内藤園 – 2016年から入園システムが変更になった!

 
毎年ゴールデンウィーク前後に見頃を迎える河内藤園。
北九州にあるのですが、広大で見事な藤園です。
それだけに毎年周辺は大渋滞する程の大人気。
こうやってブログで紹介されたり、SNSで拡散されたりで、年々観光客が増えているようです。
 
スポンサードリンク

さすがに放置できない事態になってきたらしく、2016年より入園方法が変更となりました。
年に一回のことなので、覚え書きとして記録しておきます。
 
本日の撮影機材:Fujifilm X-T1+XF35mm+XF10-24mm

施設名:河内藤園
入場:ゴールデンウィークとその前後は事前にチケット購入の必要あり
住所:福岡県北九州市八幡東区河内2-2-48
電話番号:093-652-0334
駐車場:無料駐車場あり
ホームページ:http://kawachi-fujien.com/

コンビニで時間帯チケットの購入が必須に!

2015年までは、単純に現地にたどり着けば、あとはお金を払うだけで藤棚を見ることができました。
しかし2016年より、ゴールデンウィークとその前後の込み合う時期には、コンビニで事前に時間帯チケットの購入が必要となりました!

こんなチケットが発券されます
こんなチケットが発券されます

チケット料金は500円。
2時間ごとの時間指定となっていて、各日ごとに枚数限定となっています。
見頃で晴れの予報が出ている日は、完売も早い様子。
うちは、希望の5月4日朝一を結局購入できず、5月5日14時からのチケットを辛うじてゲット。
後から知ったのですが、セブンイレブン、ローソンなど、コンビニによっても割り当て枚数が違う模様。
後日、ローソンでは追加で100枚販売なんかもやったようです。

現地で更にお金を払う必要あり!

チケットを買ったからといって、安心するのはまだ早い。
現地に着いたら、時期によって更に追加で500円〜1000円を払う必要があります!
一番の見頃期間だった5月5日は、一人1000円を払った上で入園しました。

駐車場からの眺め
駐車場からの眺め
河内藤園の入口!
河内藤園の入口!
お金を払って続々と入園
お金を払って続々と入園

ここで少し問題が。
事前に時間帯チケットを購入する必要があるとアナウンスをしておきながら、現地では1500円払えば普通に入園できるようになっていました。
事前告知が行き渡っていなかった?!ということでの対策かもしれませんが。
この辺はシッカリと統一した対応をしてほしいですね。

見事な藤棚ですよ!

それでは見事な藤棚を写真でご紹介します!

アーチ状の藤トンネル!
アーチ状の藤トンネル!
この藤トンネルは110メートル続きます!
この藤トンネルは110メートル続きます!
非常に美しい!
非常に美しい!
とにかく藤がギッシリと咲いています!
とにかく藤がギッシリと咲いています!
近づくと香りもすごい!
近づくと香りもすごい!
トンネルを抜けてしばらく歩くと、さらにすごい大藤棚が!
トンネルを抜けてしばらく歩くと、さらにすごい大藤棚が!
素晴らしかった!
素晴らしかった!

大渋滞は発生しなかったようです

今回の入園システムが功を奏したのか、2016年は酷い渋滞の発生はなかったようです。
駐車場にもスムーズに止めることができたし、ひとまず成功と言えるでしょう。
ただし、禁止事項となっている三脚を使った撮影も見かけましたし、マナーはもう一息。
多くの外国人も来園していたので、シッカリとマナーを守って、素晴らしい藤園を楽しみたいですね。

嫁も大満足の様子でした!
嫁も大満足の様子でした!

編集後記 2016年05月25日
見頃の時期はInstagramでも河内藤園の写真があふれます。写真でもすごいですが、現地で見るともっもっとすごい!延々と続く藤棚のビジュアルと、フワッとした香りに圧倒されます。また来年も絶対に行きます!そのための覚え書きですから。

 
スポンサードリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)