武田真弓カルテット JAZZ CONCERT in 糸島 – 武田さんのライブを聴くのは二回目!またまた楽しんできました!

武田真弓カルテット JAZZ CONCERT in 糸島 – 武田さんのライブを聴くのは二回目!またまた楽しんできました!

 
糸島はジャズが盛り上がりつつあるのか、ジャズライブの開催が増えています。
武田真弓さんも、その活動を支える一人。
交通の便が決して良くはない糸島に、沢山のお客さんを集めるのは大変なこと。
そんな状況でも毎回満席になる武田さんのライブ。
 
スポンサードリンク

今回もありがたいことに招待していただいたので、11月15日の夕方より会場のけやきの杜へと向かいました。
 
本日の撮影機材:Fujifilm X-T1+XF10-24mm

会場名:けやきの杜
住所:福岡県糸島市志摩井田原6
駐車場:この日のライブ時は会場前に臨時駐車場
開場:18:30
開演:19:00

開場前になんとか到着!

実はリハーサルから見学させてもらう予定だったのですが、その前に訪れていた「たけこばマルシェ」の楽しさに時間が押してしまい開場前ギリギリに。
まぁ仕方ないので諦めて、開場と同時に入場。
撮影の許可もいただきます。

18時半になるとスッカリ暗い
18時半になるとスッカリ暗い

スタートが待ちきれないお客さんたちが続々と会場入り。
今回も大盛況のライブになりそうな予感。

開場直後から席取り合戦!
開場直後から席取り合戦!

毎回楽しみなのが機材チェック。

ステージで静かに出番を待つ機材
ステージで静かに出番を待つ機材
重厚な雰囲気のピアノ!
重厚な雰囲気のピアノ!
コントラバス!弦楽器もアコースティックですね!
コントラバス!弦楽器もアコースティックですね!
個人的にはドラムを眺めるのが好き
個人的にはドラムを眺めるのが好き
足元のペダルセッティングが特殊!
足元のペダルセッティングが特殊!

ドラムセットをよく見ると、足元のペダルセッティングがなんとも特殊。
左足の方はバスドラ用のツインペダル、ハイハットのペダルとともに、カウベル用のペダルが!
こんなセッティングは初めて見ました。
少しミュートするためか、カウベルの中に何か突っ込んでありますね。

PA用のミキサー
PA用のミキサー

19時スタート!

スタート前には満席!

スタートを待つお客さんたち!
スタートを待つお客さんたち!

定刻通りにライブはスタート。
武田さん他、メンバーがステージに上がりカウントから曲が始まります。

メンバーがステージ上へ!
メンバーがステージ上へ!
スタート!
スタート!

リラックスムードでスタート!
なんですが、若干緊張があるのか、最初だけは微妙にリズムが乱れることがありました。
しかしすぐに気持ちいい演奏に!

最初はピアノ、ベース、ドラムのトリオ編成で進みます。
シンプルなトリオ編成でありながら、音の薄さは全く感じないのが凄いところ。
各メンバーのテクニックと、紡ぎ出されるメロディーに圧倒されます。

武田さんの情熱プレイ!
武田さんの情熱プレイ!

途中からサックスのクレイトンノーマンさんが登場。
前回もそうでしたが、流暢な日本語での会話も面白い!
サックスを吹きだすとカッコイイ!
そんなプレイヤーです。

プレイ中の真剣な表情!
プレイ中の真剣な表情!

この日は前半後半合わせて全11曲。
ペダルを使ったカウベルプレイも聴けました!

武田真弓(P)
クレイトン・ノーマン(Sax)
小車洋行(B)
原田迅明(Dr)

1st
Black Nile
Autumn Leaves
Nasciment
Au Privave
Peace
Night In Tunisia

2nd
Recorda Me
Skylark
Take Five
Speak Low
Caribe

今回も「Caribe」の熱いプレイで終了しました。
ちょいとだけ動画も撮ったのでYouTubeでご覧ください!
※動画は一旦削除しました。正規の動画を提供していただく予定です!

また次の開催が楽しみです

ちなみに今回のライブで気づいたこと。
「ボーカルがいない!」
そんなの当たり前だ!と言われそうですが…。
普段はインストは聴かないのに、全く違和感なく聴いていました。

ボーカルがいないのにメロディーを感じ、歌を感じることができるジャズライブ。
プレイヤーの技とセンスで心地よく聴かせるライブ。
また次の開催が楽しみです!

2014年12月1日 情報追加
今回のメンバーで12月7日にライブが開催されます!

12月7日(日)19:00 start
ニューコンボ
  福岡市中央区渡辺通り5丁目1−22
  TEL 092-712-7609
チケット前売り3,000円 当日3,500円

武田真弓さんのライブはとにかく親しみやすい雰囲気。
ジャズ初心者でも楽しめると思います。

関連記事

編集後記 2014年11月29日 13時
いや〜、今更ボーカルがいないことに気がつくとは…。いや薄々気がついていたというか、当然気づいていたのですが、改めて驚きがあったということで。

 
スポンサードリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)