ルーブル美術館で「サモトラケのニケ」像のオーラを体感してきた

ルーブル美術館で「サモトラケのニケ」像のオーラを体感してきた

ガッツリ時差ぼけなのにサラリーマン故、普通に木曜日の朝から仕事をした、いとゆる(@itoyuru)です。本当はドイツにいる間に更新しようと思ったのですが、観光した場所が田舎だったり…その途中も山間部だったり…回線品質が悪くてスピード撃遅…更新を断念しました。ってことで、いつもの糸島からの更新です。

ルーブル美術館に行かなければ!

フランスと言えば何ですかね?!エッフェル塔?凱旋門?三ツ星レストラン?いやいや、ベタと言われようと「ルーブル美術館」ですよ。建築自体も美術品レベル!入る前からめちゃくちゃテンション上がります!

ルーブル美術館前
ルーブル美術館の前に到着!

 

ルーブル!
舗装されてない部分にはワンコのうんこがいっぱい!

 

ルーブル美術館に入る!
エントランス周辺も当然うんこだらけ!

 
うんこを避けながら中に進むと広場があって、噴水があったり。その奥にピラミッドが!!

 

噴水~
わずかに見えるピラミッドに鳥肌

 

彫刻!彫刻!
建物にも素晴らしい彫刻がいっぱい!

 

この興奮!
いよいよピラミッドに近づいてきた!

名作を見るならは「Denon」ゾーンだ!

メインの広場に出ると、ピラミッドとご対面。歴史ある建造物の中心に、最新の建築がある不思議な空間です。ピラミッドがメインエントランスとなっています。手荷物検査後に中に入って、チケットを買うことになります。

 

ついにきた!
ピラミッド周りには人がいっぱい

内部は「Denon」「Sully」「Richelieu」の3つのゾーンに別れていますが、迷わず「Denon」へと向かいます。各ゾーンに入るにはチケットを見せる必要があるので無くさないように。

 

ガラスのピラミッドのため中は明るい
内部は明るい雰囲気

「Denon」ゾーンには『モナリザ』『ミロのヴィーナス』など、誰でも知っている名作があります。その名作へ向かうために登る階段の先に、それはありました。

『サモトラケのニケ – The Winged Victory Of Samothrace -』

ニケ像
ドドーン!

 

ニケ像!!!
生きているかのようなお姿

繊細な布の感じや、翼の躍動感など、今にも動き出しそうな素晴らしい彫刻。これがホールの序盤、導入部分にあるんです!一気にテンションマックス!

このモニュメントは、勝利を告げる女神を表している翼のある女性像、船の舳先の形をした台座、そして、全体を乗せている低い土台から成り立っています。

モニュメント全体の高さは、5.57メートルに及びます。パロスの白大理石で制作された彫像は、翼も入れて、2.75メートルあります。台座の高さは、2.01メートル、土台は36センチです。台座と土台は、白大理石に灰色の縞の入った大理石で、ロードス島のラルトスの採石場から出たものです。 こちらの大理石の方が色が濃いので、彫像の大理石の白と対照的でしたが、変色のために、かつてはもっとはっきりしていた色の違いが薄れてしまいました。
via:ルーペで見る《サモトラケのニケ》

現物は、写真では伝わらない迫力のオーラが漂っています。ここに3時間ぐらい座り込んでワインを頂きながら鑑賞したい。そんなことしてたら即退場ですけど。

内装も一級品

作品もすごいですが、内部の装飾も一級品です。各所に施された装飾、彫刻や天井画など、素晴らしさにタメ息しかでません。

 

内装すごい
優雅な装飾と天井画!

 

金ぴかです
ゴールド!

 

すげぇよ
装飾だらけの通路!

歩き回っているうちに『ミロのヴィーナス』が出てきたりもします。

 

ミロのヴィーナス
ミロのヴィーナスちゃん

ルーブル美術館は広大です。ここではとても紹介できるレベルではありません。3時間半ほど居ましたが、全然時間が足りませんでした。一日がかりで見るか、3日くらい時間をとって周辺の美術館も一緒に巡るかなど、ゆったりと時間をとった方が楽しめます。

ルーブル美術館のためにパリに行くのもアリです!!でもパリの至る所にいる窃盗団には、くれぐれもご注意を…。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)