牧のうどんの秘密 – 朝8時にダシ受け取りのため各店大集合!

スポンサードリンク
牧のうどんの秘密 – 朝8時にダシ受け取りのため各店大集合!

 
牧のうどん加布里本店の朝は早い。
取材の日は朝7時過ぎに到着したのですが、すでに皆さん元気に働いていました。
朝が早い理由は、麺も、ダシも、全店舗分を本店で準備をしていることが理由の一つ。

だから、朝8時に各店舗の代表者が受け取りに来るのだ!
ということで、うどんWalkerの牧のうどん密着取材企画で得た情報を少しずつ公開してきます。
 
本日の撮影機材:Fujifilm X-T1XF35mm

店舗裏にハイエースが大集合!

ダシを作る様子を見学したり、かしわめしを頂いたりで、和やかな雰囲気の取材。
とはいえ、スタッフは忙しそうに動いています。

入り口にかける提灯もまだ店内でスタンバイ
入り口にかける提灯もまだ店内でスタンバイ

事前に話だけは聞いていたので、8時前に店舗裏へ。
「本当に集まるの?」と疑問に思いつつ、その時を待つ。

見た目牛乳タンクだけど、中身はダシ!
見た目牛乳タンクだけど、中身はダシ!
各店舗ごとにボックスが!
各店舗ごとにボックスが!

8時ジャスト。
1台、また1台と、次々にワンボックスカーが集まってきた!
ものの数分で全店舗が大集合。

荷物を待つハイエース軍団
荷物を待つハイエース軍団
タンクを転がしながら積んでいく
タンクを転がしながら積んでいく

このタンク、ダシがたっぷりと入っていて、その重量はなんと1本40キロ!
落としてこぼしてしまったら、えらいことだな…とか考えながら作業を見守る。
ダシ以外にも、ネギ、麺など、基本的に本店で全て受け取っているようです。

ギッシリ!
ギッシリ!
コロッケや唐揚げも見かけました
コロッケや唐揚げも見かけました

コミュニケーションの場としても機能

物流をアウトソーシングすればいい話なのですが、そうしないのが牧のうどん流。
あくまで自社の社員が本店まで足を運び、大切なうどんの命を受け取る。
だから、本店に取りにこれる範囲内でしか、店舗展開していないのです。

しかし、それはそれで面白いことも起こっていて…。
受け取りに来ている社員さん同士のコミュニケーションの場となっていました。
サクサクと積み込みを続けながらも、笑顔で話をする。
とってもいい雰囲気。

情報交換中!?
情報交換中!?

たくさんの車が一気に到着し、次々に積み込みをし、各店舗へと帰る。
朝の時間帯に見る牧のうどんカーは、ダシや麺を運ぶ大切な仕事をしているのです。

牧のうどんの情報はこちらにもたくさん!もう一記事どうですか?

牧のうどんの秘密 – ダシ用利尻昆布の国内総消費量の約7%を牧のうどんが使っている!

うどんWalker発売!特集の「牧のうどん密着取材」を取材した!

牧のうどん周船寺店 – なんと撮影禁止の貼り紙が!

さいごにプチ情報(編集後記も必読)

★更新情報はTwitterFacebookで配信するので、ぜひフォローをお願いします。

Amazonの欲しいものリストを公開中!
プレゼントしていただけると、わたしが喜びます。

↓うどんWalker販売中です!

編集後記 2018年11月07日 21時
ようやくスタートできた連載企画「牧のうどんの秘密」。うどんWalkerには書いていない詳細な部分を、たくさん書いていきます。麺を作っているところ、ダシを作っているところも見ることができましたから…お楽しみに!

スポンサードリンク
Profile image
西川 健一
糸島ゆるゆるライフ
ブロガー / フォトグラファー
福岡県糸島市在住の平日はサラリーマン。ブロガー / Webプロデューサー / イベントカメラマン / ライブカメラマン / など、複数の活動をこなす。2014年04月発売「まったく新しい糸島案内改訂版」を皮切りに、多数のメディアに登場、協力をしています。2018年6月より、BlueRoofの桑田くんとタッグを組んでポッドキャスト「オレたちのラジオ」を配信中!
See more info

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)