糸島クラフトフェス – 今年も注目の作品を紹介します!

糸島クラフトフェス – 今年も注目の作品を紹介します!

 
糸島クラフトフェスもついに10回目!
残念ながら17日は台風の影響で早々に中止が決定。
それでも16日、18日は通常開催!
 
スポンサードリンク

今回もたくさんの出展者が集まりますが、中でも気になった作品を紹介します。
 
本日の撮影機材:Fujifilm X-T1+XF35mm

イベント名:糸島クラフトフェス
住所:福岡県糸島市初 志摩中央公園
駐車場:会場横に無料駐車場
営業時間:10:00〜17:00
開催日:2017年9月16日〜18日(17日は台風上陸の恐れのため中止)

工房Te・Te

糸紡ぎ、織り、染めを主とした「糸紡ぎと手織りの教室」を運営されている工房Te・Teさん。
陶芸や木工が大半を占める中で、美しい糸を使った織物、編み物が目を引きます。

一目で伝わる質感がすごい
一目で伝わる質感がすごい
触り心地も素晴らしいです
触り心地も素晴らしいです
糸談義が止まらない!
糸談義が止まらない!

実は工房Te・Teさんには、今年の3月に一度お邪魔したことがあります。
その時は自由に見学できる状態だったのですが、現在は会員制の教室となっています。

こんな工房でした!
こんな工房でした!

糸島クラフトフェスなら、糸も触り放題。
この素晴らしい素材を体感してみてください。

必見です!
必見です!

糸島woolworld

最初に見たのは、木の葉モールで開催されていた糸フェスのプレイベント。
あまりのクオリティの高さに衝撃を受けた作品です。

ねこさんがスーパーリアル!
ねこさんがスーパーリアル!

フェルトを使った作品で、顔だけのものはよく見ますよね。
でもここは全身スーパーリアル!
しかも動きと個性があるキャラクターに釘付けです!

クロネコジャンプ!
クロネコジャンプ!

中でも一番気になったのはコレ。

クマ人間
クマ人間

隣の舌が出てるやつも強烈ですが…。
他にもたくさんのアニマルがいますので要チェックです!

フタツの制作所

木工はハイクオリティの闘い。
そんな中で、鮮やかな漆で仕上げた作品が個性的な、フタツの制作所さん。

鮮やかなカラーのお皿
鮮やかなカラーのお皿
拭き漆!
拭き漆!

これは「拭き漆」という仕上げらしい。
ネットで調べると、『拭き漆とは、木地(木を削りだしたもの)に漆をすり込んでいくもの。何度も漆を塗り重ね、その度に余分な漆を拭き取る』。
とのこと。
手間がかかってるな〜。

スプーンもありました!
スプーンもありました!

ぜひ制作しているところを見てみたいですね〜。

飲食ブースもたくさんあるので18日はぜひ!

糸島クラフトフェスは飲食ブースも充実。
今回は人気の「Bistro&Cafe TIME」がイベント初参加!

TIMEの吉良さん!
TIMEの吉良さん!
豚肩ロースのデミグラス煮込み!
豚肩ロースのデミグラス煮込み!

半目になっちゃいましたが、それはそれで面白いのでそのまま掲載。
強烈に良い香りが漂っていました。
ポップのデザインもさすがです。

コーヒーの方は、ペタニコーヒー、ハニー珈琲、Tanacafe+coffee Roasterの3店舗が揃ってます。

TanaCafeさんではUNIDOSの豆も!
TanaCafeさんではUNIDOSの豆も!
カフェラテを作っていただきました!
カフェラテを作っていただきました!

ここで紹介した作品、食ともにほんの一部。
あとは実際に足を運んで確認してみてください。
魅力的な作品に出会えるはずです。

ケロケロ欲しい…
ケロケロ欲しい…
ねこめさんもいい味出してる…
ねこめさんもいい味出してる…

★更新情報はTwitterFacebookで配信するので、ぜひフォローをお願いします。

Amazonの欲しいものリストを公開中!
プレゼントしていただけると、わたしが喜びます。

関連記事

編集後記 2017年09月16日 22時
あいにくの雨ではありましたが、たくさんのお客さんが集まっていました。普通のハンドメイドイベントはアクセサリー作家ばかりになりがちですが、糸フェスはそこが大きな違い。18日にもう一度行ってみようと思います。

 
スポンサードリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)