【牧のうどん講座】うどんと一緒に提供される「やかん」に戸惑うな!やかんには美味しいダシが入ってるぞ!

【牧のうどん講座】うどんと一緒に提供される「やかん」に戸惑うな!やかんには美味しいダシが入ってるぞ!

 
スポンサードリンク

いとゆる(@itoyuru)です。何気なく始めた企画ですが、意外にアクセスが多くて驚いています。皆さんありがとう!牧のうどんが好きな人たちはやっぱり多いんですね!ということで、気をよくして早速第二回です!
 
本日の撮影機材:Ricoh GXR+A12 50mm F2.5 macro+Apple iPhone5

関連記事はこちらからどうぞ。
1:【牧のうどん講座】テーブルに置いてある伝票に自分で書き込んで素早くオーダーしよう!
2:【牧のうどん講座】うどんと一緒に提供される「やかん」に戸惑うな!やかんには美味しいダシが入ってるぞ!
3:【牧のうどん講座】見た目はまるでアメリカンドッグ!だけど初訪問な方はまず「ごぼう天うどん」を食べよう!
4:【牧のうどん講座】うどんなのに麺の硬さが三段階!硬めん・中めん・軟めんで迷ったら「やわめん」を選べ!
5:【牧のうどん講座】風変わりなメニュー「唐揚げうどん」も美味しいぞ!
6:【牧のうどん講座】「たまごうどん」はお得感あり!

初めての人は必ず驚く「やかん」

牧のうどんでは、注文したうどんと必ず一緒に提供されるものがあります。それは「やかん」。

こういう状態

こういう状態

小さめのやかんです。このやかんには、熱々のダシが入っています。一応置いて行く時にスタッフから一言説明がありますが、意味が分からないかもしれません。牧のうどんは、コレでダシを注ぎ足しながら食べるのです。ナゼか?!

「釜揚げうどん」だからです

牧のうどんは「釜揚げ」で提供されます。そもそも「釜揚げ」とは何か?

【釜揚げ饂飩】かまあげうどん ゆでたてのうどんを釜からあげて,ゆで汁とともに器に入れ,つゆをつけて食べるもの。
via:三省堂 大辞林 第三版

大辞林の解説はメニューとしての「釜揚げうどん」の説明になってますが、要するに、冷水で締めずに釜から麺を器に盛ってそのままダシをかけていただくうどんです。麺はヌルッとした食感。で、釜揚げによって何が起こるかというと…

麺がダシを吸う

麺を締めないとグングン水分を吸っていきます。まずは提供直後の「素うどん」の写真を見てください。

素うどん

素うどん

最初からダシの水位が低いことが分かると思います。水位が低いというか麺の量自体も多い!かなりの麺が溢れ出ています。この状態から麺がダシを吸うことになるので、みるみるうちに水位が下がってきます。そこで活躍するのがやかんのダシ!

やかんとセット!

やかんとセット!

やかんのダシは熱々!コレをかければ、はい元通り!しかも薄まってないダシなので、全体にシッカリ味になって更に美味しくいただけます。序盤はなかなか麺が減らないので、ダシを追加すると二杯目に突入したかのような錯覚も起こりますが…。ちなみに牧のうどんの「かきあげ」食べたコトありますか?

コレがかきあげ

コレがかきあげ

最大級にダシを吸ってしまうトッピングです。大部分が衣という昔ながらのかきあげで、恐ろしい勢いでダシを吸ってふやけていきます。やかんダシが必須の、上級者向けトッピングです。

足りない時は追加してもらえます

普通は使い切ることはないですが、スタッフのさじ加減でやかんのダシが少ないことがありますので、そういう時には遠慮なく追加をお願いしましょう。美味しく食べるには、たっぷりのダシ!これにつきます。

参考記事:【牧のうどん講座】テーブルに置いてある伝票に自分で書き込んで素早くオーダーしよう!

▽ 編集後記 2013年07月21日
ちょうどいい感じで撮影していた写真があったので、早速第二回の記事です!牧のうどんに慣れていると当たり前のことでも、知らない人にとってはハテナの連続。第三回以降は食べに行かないと記事が書けない内容なのでしばらくお待ちください。

 
スポンサードリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)