【食べた】あえて言おう「やわ麺を食え」福岡のソウルフード「牧のうどん 周船寺店」

スポンサードリンク
【食べた】あえて言おう「やわ麺を食え」福岡のソウルフード「牧のうどん 周船寺店」

 
週末は麺類が食べたくなる“いとゆる”です。最近はメチャウマのうどん屋さんが増えてきましたが、お気楽に食える普通のうどん屋さんもイイね!ってことで、本日は牧のうどん周船寺店へ。

牧のうどん 周船寺店
夜の周船寺店

 

みんな大好き牧のうどん

いや、みんな大好きは言い過ぎた。あまり好きじゃない人も結構いるかも。食べても麺が減らないからね(理由は後述)。時間は18時半くらいでしたが、店内は8割ほど埋まってて賑やか。寒かったから、うどんの気分になる人が多かったのかな~?。

席に座ってまずはオーダー。メニューの伝票に自分で書いてオーダーできるんですが、写真取り忘れたのでその話はまた今度。で、今回は素うどんと、かしわめし、いも天単品をオーダー。いも天は揚げ置きがなくて、今から揚げるので時間がかかるとのこと。そりゃ揚げたては嬉しいので、承諾して待つことに。

 

素うどん
素うどん 300円

 

味がシミる「やわ麺」こそ絶対のオススメ

ココからが重要ポイントなので覚えておくこと!この店の特長である「釜揚げ」の麺は水でしめずに、そのままいただくうどんです。なので、麺が豪快にダシを吸っていつまでも減らない感覚に陥るのがビビりポイント。救済策?!としてオーダーの時に、かた麺、ふつう麺、やわ麺が選べるシステムになってますが、ココでビビらずに「やわ麺」を選ぶべし。

ナゼか?それは、麺がダシを吸うことでとてもいい味わいになるから。食感も優しくて、とっても好き。コシがないとか、伸びてるとか、そんなことは超越した世界。それこそがソウルフード!!

 

テーブルにはネギ
ねぎは入れ放題

 

天かす
素うどんは天かす付き

 

豪快にネギを盛って、ズルズル食べていきます。麺の固さを選べるとは言え、その通りに出てくるとは限らないのはご愛嬌。ザックリしています。この日は若干やわ目。それはそれでダシをバンバン吸ってイイね。ある程度食べ進んでから天かすを投入して楽しみます。天かすの奥に写ってるのがかしわめし。これは絶対頼みたい一品。茶碗に山盛りについでくれます。

 

いも天
いも天2個に、もやし付きで100円

 

揚げたて美味い

遅れて揚げたてのいも天が登場。牧のうどんらしい、素朴な見た目のいも天。うんうん、揚げたてなら衣もサクサクでイイね!いもも甘めで美味しい。もやしは、うどんのトッピングに。

今回は端っこにしか載せてないですが、かしわめしメチャウマいです。いい味だしてます。「かしわ弁当」なんて持ち帰りメニューもあるくらい人気。弁当といっても、ひたすらかしわめしのみ。まさに牧のうどんワールド。

さいごにプチ情報(編集後記も必読)

★更新情報はTwitterFacebookで配信するので、ぜひフォローをお願いします。

Amazonの欲しいものリストを公開中!
プレゼントしていただけると、わたしが喜びます。

↓うどん情報が満載!

スポンサードリンク
Profile image
西川 健一
糸島ゆるゆるライフ
ブロガー / フォトグラファー
福岡県糸島市在住の平日はサラリーマン。ブロガー / Webプロデューサー / イベントカメラマン / ライブカメラマン / など、複数の活動をこなす。2014年04月発売「まったく新しい糸島案内改訂版」を皮切りに、多数のメディアに登場、協力をしています。2018年6月より、BlueRoofの桑田くんとタッグを組んでポッドキャスト「オレたちのラジオ」を配信中!
See more info

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)