フランスで食べ歩いて、今まで理解できなかったフランス料理の「美味しさ」と「面白さ」に魅了された

フランスで食べ歩いて、今まで理解できなかったフランス料理の「美味しさ」と「面白さ」に魅了された

すっかりフランスの虜になっている、いとゆる(@itoyuru)です。初めて足を踏み入れたヨーロッパ圏が、先日のフランスでした。オペラ座前で署名詐欺に付きまとわれたので、一緒にいた同僚を撒き餌にしてダッシュしたのもいい思い出です。二人とも被害なく無事でよかった。

スポンサードリンク

フランスと言えば!!

さて、フランスと言えば、世界三大料理の筆頭であるフランス料理ですね。で、フランス料理と言えば…

崎陽軒のシュウマイ程度の大きさの素材に、カラフルなソースをかけて、フォークとナイフで切り刻んだものを「美味しゅうございます」とか言ったり。「料理もワインもお任せで」とか、青天井なオーダーしたり。

程度のレベルの低い考えしか持ち合わせてませんでしたので、今まで全く縁がありませんでした。

 

フランス料理とご対面

記念すべき初体験。最初はモンサンミッシェルで食べたオムレツでした。名物らしいですよ、名物。

モンサンミッシェル名物のオムレツ
名物のオムレツ!泡を食べるのがフランス料理っぽい!
メインは肉料理
メインは肉料理!
ワイン飲むぞ!
当然ワインと一緒にね!

うん。薄味だけど美味しいよ。オムレツの泡が、なんかエルブリっぽい(全然違う)。くたびれ気味な40代の胃にも優しい程度のボリュームでイイね!

.: elBulli :.
革命的フランス料理の名店。すでに閉店してしまったのが残念。

 

 

 

エスカルゴきた~

次の日のお昼には早くもエスカルゴ初体験!日本人にとってはディープな食材。

エスカルゴ様降臨
エスカルゴ様降臨
メインは魚料理
メインは魚料理。米が細長い!

サザエを思い浮かべれば、大体同じです。フランスのそれは、ガーリックやらなんやらでコッテリ味付けされてました。まぁ、美味い。魚料理にはクリームソースがかかってて、これまた美味い。米が細長くて、その昔大騒ぎになったタイ米を思い出した。

 

ガイドも無しに自力で店を探す旅

この日の昼食後は自由行動。夕食は自力で探さなくてはいけない。ガイド本も持ってない。おっさん二人で「フランス語で【お任せ】って、なんて言うんだろう?」とか危険な会話を交わしながら店を探す。

オペラ座周辺を必死に歩き回り、店先に英語のメニューが出ているお店を発見!ココしか無い!と、入店。

Grand B – Interview du chef des chefs Bernard Leprince
行ったのは、たぶんココ。でも写真も撮ってないので、よく覚えてない。
 

 

 

やっぱりテンパる

お腹も空いた状態で英語のメニューを見るとテンパります。アラカルトから、前菜、メイン、デザートを選んだりして、フランス料理っぽさ全開にしたかったのに頭は空っぽ。コース料理を選ぶのが精一杯でした。

 

がんばった甲斐あって美味い!!!

空っぽの頭でスープ、ローストチキン、キャラメルのデザートをチョイス!ワインも頼んだ!

おっさん二人、ワインで乾杯!
おっさん二人、ワインで乾杯!
前菜のスープ!
スープ登場!シチューっぽい濃厚な味で抜群に美味い!
ローストチキン!
メインのローストチキンは、骨付きでボリュームあり!
デザート!
キャラメルプリンって感じ。デザートもボリュームスゴい!

味は日本人にも馴染みやすく満足できるもの。寒いパリの街を歩いたあとの暖かいスープで生き返り、ローストチキンのボリュームに驚き、デザートもしっかり美味い。なんと言っても驚いたのは全てにおいてボリュームがスゴいこと。チマチマ食べるイメージだったのを一気にぶち壊したこのお店。ヤるね!フランス料理!

ゆっくりできて、ワインもしっかり飲んで、お腹いっぱいになって30ユーロくらいだったかな。大満足。

 

パリのビストロ

今回食事したのは、いずれも星付きのレストランとかじゃなくて、ビストロ的なところ。堅苦しくなく、気軽に美味しいものを食べられる雰囲気。このお店も、地元の方々で賑わっていましたよ。

新しい食文化に触れて、なんだか新鮮でした。高級から大衆まで、まだまだ色んなフランス料理を味わってみたい気分です。しばらくハマりそうな予感。

次は、ゆっくりパリの街を満喫したい。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)