【糸島】魅力的なスポットが増え続けている糸島!まだ名前を明かせない素晴らしいスポット2ヶ所を紹介!

スポンサードリンク
【糸島】魅力的なスポットが増え続けている糸島!まだ名前を明かせない素晴らしいスポット2ヶ所を紹介!

 
糸島を歩き回るとまだまだ新しいスポットに巡り会えることに驚いている、いとゆる(@itoyuru)です。次々に新しいお店や施設ができていますね。緑が多くて海もキレイで、野菜や海産物も豊富。確かに糸島は魅力的な場所です。
 
本日の撮影機材:Ricoh GXR+A12 50mm F2.5 macro
 
スポンサードリンク
[ad#ad-e-250]
そんな糸島でも、まだ全く知られていないスポットがあります。なぜならまだオープン準備中だから。今回、いろんな繋がりから、2ヶ所のオーナーさんとお話する機会がありましたので、ちょこっとだけ紹介します!

「みせばやガーデン」?!

まず1軒目。まだ名前さえも決まってないし、お店として整備もされてませんが、置いてあるものは素晴らしい!「みせばや」と聞いて全く分かりませんでしたが、大辞林とWikipediaがあるから大丈夫。

【見せばや】みせばや ベンケイソウ科の多年草。小豆島に自生。観賞用に栽培。全体に多肉質。葉は円形で三個ずつ輪生。秋,枝頂に多数の淡紅色の花が球状につく。タマノオ。[季]秋。
via:大辞林 for iOS

多肉植物ですね。その「みせばや」をアートに仕上げる造園家さんに出会いました。まだ「どうやって売ろうか?!」「お店をどう整備しようか?!」という感じだったので、何かお手伝いすることになるかもしれません。

これが「みせばやアート」
これが「みせばやアート」

石を削り出してベースとし、苔とみせばやを飾りつけています。写真ではイマイチ伝わらないかもしれませんが、実物はホントに素晴らしいです。まさしくアートの世界!

こんなのとか
こんなのとか
こんなのとか
こんなのとか
こんなのとか
こんなのとか

非常に魅力的なんですが、オープンは未定。オープンしたら、こちらでお伝えします!

一日一組限定の宿

さて、もう一軒は宿です。しかも「一日一組(6人まで)限定」というスペシャルな宿。一人ひとりにキチンとおもてなしをしたいということで、このような形にしているとのこと。

セロリペーストを塗ったパンをいただきました
セロリペーストを塗ったパンをいただきました

パンは自家製の石釜で焼いてるらしいです。焼きたてもいただいてみたいな~!で、ココにも「みせばや」が!

これまたアートだ!
これまたアートだ!

素晴らしくいい雰囲気が出てます。とても静かで落ち着けるこの空間に合ってます。全体は古民家で、ただいま改装中。こちらもいつオープンとなるのか?!楽しみです。

古民家の雰囲気をチラ見せ
古民家の雰囲気をチラ見せ

奥深い糸島

いかがでしたでしょうか?!今はかなりディープな2ヶ所ですが、そのうちメジャースポットになることでしょう。さて、今週末にでも、また様子をみに行ってみようかな。
 
スポンサードリンク
[ad#ad-e-250]

スポンサードリンク
Profile image
西川 健一
糸島ゆるゆるライフ
ブロガー / フォトグラファー
福岡県糸島市在住の平日はサラリーマン。ブロガー / Webプロデューサー / イベントカメラマン / ライブカメラマン / など、複数の活動をこなす。2014年04月発売「まったく新しい糸島案内改訂版」を皮切りに、多数のメディアに登場、協力をしています。2018年6月より、BlueRoofの桑田くんとタッグを組んでポッドキャスト「オレたちのラジオ」を配信中!
See more info

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)