烏帽子岳展望台から360度で眺める対馬の絶景! – つしま旅

烏帽子岳展望台から360度で眺める対馬の絶景! – つしま旅

 
漁火公園でハンバーガーを食べて大満足。
そこからバスで1時間ほどの距離。
第2のスポットは烏帽子岳展望台だ。
 
スポンサードリンク

今度は絶景スポットらしい。
また楽しみにしながら目的地を目指します。
 
本日の撮影機材:Fujifilm X-T1+XF35mm

スポット名:烏帽子岳展望台
住所:長崎県対馬市豊玉町仁位
駐車場:あり

つしま旅過去記事:福岡から対馬へジェットフォイル(高速船)で快適移動! – つしま旅
つしま旅過去記事:漁火公園は広大な芝生の緑と、先に見える青い海が爽快! – つしま旅

階段を10分ほど登ると広がる風景!

バスでワインディングロードを移動。
1時間ほどで烏帽子岳展望台の下まで到着。
目的の展望台までは階段を登る必要があるらしい。

バスを降りると…
バスを降りると…
すぐ近くに階段が!
すぐ近くに階段が!

そこそこ角度が急な階段。
少し気合いが必要です。
それでも、そんなに時間がかからず展望台に到着。
噂通りの風景が、目の前に広がります!

ひたすらグリーンとブルーが続く!
ひたすらグリーンとブルーが続く!

小さな無数の島が浮かぶ海に、緑の木々が。
快晴の空がさらに気分を盛り上げます。
とにかく爽快!

ぼーっと眺める
ぼーっと眺める
テンションアップ!
テンションアップ!
カメラに気がつく
カメラに気がつく

どちらを向いても緑と海が広がる!

展望台から眺めると、対馬の広さを感じます。
海も見えますが、山の存在感もすごい。
複雑な海岸線と組み合わさり、風景に力強さが。

展望台自体はそんなに広くないので、今回のツアー客だけでもギチギチの状態。
譲り合いが大切です。

そんなに広くはありません
そんなに広くはありません

必ず寄りたいスポット!

自然のダイナミックさを感じられる展望台。
車が必須とはなりますが、ぜひ立ち寄りたいスポットですね。

写真をしっかり見ると分かりますが、建物などの建築物がほぼ写ってません。
360度、ひたすら自然の風景が続くというのは、意外と体験できないもの。
こういうところも対馬の価値ではないでしょうか。

★更新情報はTwitterFacebookで配信するので、ぜひフォローをお願いします。

Amazonの欲しいものリストを公開中!
プレゼントしていただけると、わたしが喜びます。

関連記事

編集後記 2017年06月14日 21時
リコーのシータなど、360度カメラで撮影するのも楽しそう…。階段もあるし、腹ごなしに最適。

 
スポンサードリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)