福岡から対馬へジェットフォイル(高速船)で快適移動! – つしま旅

福岡から対馬へジェットフォイル(高速船)で快適移動! – つしま旅

 
「身近な楽園」と言ってもいいかもしれない。
福岡から高速船ジェットフォイルでわずか2時間強。
そこには豊かな海と自然が広がる島があった。
 
スポンサードリンク

初めての対馬市訪問は、「チキンナゲッツつしま旅」というツアー参加の形で実現。
3人組アコースティックロックバンド「チキンナゲッツ」と一緒に対馬を楽しむツアー。
今回ありがたいことにお誘いをいただき、特別に取材として参加させていただきました。
その様子を少しずつレポートしていきます。
 
本日の撮影機材:Fujifilm X-T1+XF35mm

福岡から対馬へのアクセス方法

対馬は「離島」なので、アクセス方法は飛行機か船になります。
手軽な船か、時短の飛行機か。

  • ANA直行便 1日4本 約40分 11,500円
  •   

  • 九州郵船ジェットフォイル 1日2本 約2時間15分 6330円
  •   

  • 九州郵船フェリー 1日2本 約4時間40分 3660円〜

時間をお金で買うなら、圧倒的に飛行機。
安く済ませたいならフェリー。
ジェットフォイルは、その中間でバランスは良いと言えます。
フェリーに比べて揺れもはるかに少ないようで、酔いやすい方でも安心です。

ただフェリー、ジェットフォイルとも本数が圧倒的に少ない。
効率よく行動したくても、本数が少ないとどうにもなりません。
この辺はもっと利用者が増えれば、というところでしょうか。

博多港に集合

ということでスタート地点は博多港。
いわゆる「ベイサイドプレイス」です。

あの水槽がある場所
あの水槽がある場所
司会進行?!の松崎さん
司会進行?!の松崎さん

世間的に「松崎=黒」という認識があるかと思うが、この松崎さんも例外ではなかった。
本筋とは全く関係ないが、見事な日焼け具合だ。

船のチケットを受け取る
船のチケットを受け取る

向かうは対馬の厳原港。
2時間15分の船旅だ。
土曜日ということもあり、多くのお客さんが乗船を待っている。

あっという間に大行列
あっという間に大行列

ジェットフォイルはシートベルト着用!

いよいよ乗船。
たくさんの乗客を、ジェットフォイルが迎え入れる。

乗船!
乗船!

船内は飛行機と同じような雰囲気。
エコノミークラス程度の広さです。
結構混み合うようなので、複数人で席を確保したければ早めに並ぶことをオススメします。

2人席と4人席が並びます
2人席と4人席が並びます
窓側は素晴らしい海を眺めながら船旅を楽しめます!
窓側は素晴らしい海を眺めながら船旅を楽しめます!

スピードが出るからなのか、動き出すとシートベルト着用が基本。
ここが、甲板まで出られるフェリーとの大きな違い。
船の中での過ごし方が大きく違ってきます。
シートに座りっぱなしなので、本を読んだり、お菓子を食べたり、酒を飲んだり…。
2時間15分を楽しく過ごせる工夫が必要です。

この日は、風がなく海が穏やかな、いわゆる「ベタ凪」。
船の揺れもほぼなく快適!
船内販売もあり、ビールもいただくことができました!

乾杯!
乾杯!

厳原港でチキンナゲッツがお出迎え!

途中、壱岐で乗り降りがあり、対馬の厳原港へ。
そこではチキンナゲッツのメンバーがお出迎えしてくれました!

ちょっと油断してる様子
ちょっと油断してる様子

てそうな、シッカリとした横断幕が!

全員でお出迎え!
全員でお出迎え!
カメラを向ければポーズは欠かさない!
カメラを向ければポーズは欠かさない!
ツシマTシャツだ!
ツシマTシャツだ!

スタッフの皆さんは紺のツシマTシャツで統一。
無駄を削ぎ落としたデザインで、非常にわかりやすい!

ここからいよいよ対馬観光!

バスがすでにスタンバイ。
乗り込んで、いざ対馬観光へ!

バスに乗り込む!
バスに乗り込む!

続きは次の記事で。
しばしお待ちを。

★更新情報はTwitterFacebookで配信するので、ぜひフォローをお願いします。

Amazonの欲しいものリストを公開中!
プレゼントしていただけると、わたしが喜びます。

関連記事

編集後記 2017年05月23日 21時
対馬市とチキンナゲッツメンバーのおかげで、今回のツアーに参加できました。ありがとうございました!糸島も海と山に囲まれた土地。しかし、同じようでいて違う対馬と糸島。そんな違いをシリーズ記事で伝えていきます。

 
スポンサードリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)