武田真弓 JAZZ CONCERT in 糸島 – また新たなメンバーで雰囲気の違うライブでした!

武田真弓 JAZZ CONCERT in 糸島 – また新たなメンバーで雰囲気の違うライブでした!

 
最近の武田真弓さん、けやきの杜では毎回ライブメンバーを変えてくる。
今回もまた全く違うメンバーでのライブ。
ボーカルも加えた構成だ。
 
スポンサードリンク

前回からセットリストも分かりやすい選曲となり、敷居も低くなっている。
初めて聴く人でも楽しめる、いつもの人もリフレッシュしたメンバー構成に興味が湧く。
そんな2016年11月12日のライブでした。
 
本日の撮影機材:Fujifilm X-T1+XF35mm

会場名:けやきの杜
住所:福岡県糸島市志摩井田原6
駐車場:この日のライブ時は会場前に臨時駐車場
開場:18:30
開演:19:00

ボーカルが入ると断然聴きやすい!

曲には歌詞があってボーカルが入るのは当たり前。
だから、インストよりもボーカル入りの曲の方が圧倒的に耳に馴染む。
今回は、以前も武田さんのライブに出演したことがある、レオノーラさんが参加。
澄み切った美しい歌声を聴かせてくれました。

毎度満席です
毎度満席です
出番前のドラム
出番前のドラム
コントラバスの存在感がいつもすごい
コントラバスの存在感がいつもすごい
最初は3人でスタート!
最初は3人でスタート!
ベースの赤松さん
ベースの赤松さん
ドラムの上村さん
ドラムの上村さん
武田さんMC中
武田さんMC中

最初はピアノ、ベース、ドラムの3人構成でスタート。
3曲目からレオノーラさんが参加。

レオノーラさんです
レオノーラさんです

英語の曲、日本語の曲を交えながらの展開。
「東京ブギウギ」など、誰でも知っているような曲もセットリストに。
ジャズテイスト満載のアレンジで仕上げてありました。

武田さんの師匠も登場

今回は、見慣れないキーボードもセットアップされていて「誰が使うんだろう?!」と思ってました。
その席には、なんと武田さんの師匠が!

見慣れぬキーボード…
見慣れぬキーボード…
師匠が!
師匠が!

一瞬「大丈夫かな!?」と思いましたが、そんな心配は一切無用。
キーボードの前に座った瞬間から、一気にプレイヤーに。
素晴らしいプレイを、手が届くほど近い場所で聴かせていただきました!

しなやかな指の動き
しなやかな指の動き
実にリラックスしたプレイスタイル
実にリラックスしたプレイスタイル
見事なコンビネーション!
見事なコンビネーション!

ドラムの上村さんのパワフルなプレイといい、この日は全体的にエネルギッシュ。
凄まじいパワーを感じました。

いつもの曲「Caribe」もいつもと違う!

武田さんのライブでは、最後は必ずミシェルカミロの「Caribe」で〆ることになっています。
同じ曲とは言え、メンバーが違うので、それぞれのプレイスタイルが色濃く出て面白い。
毎回やることでこの曲がモノサシとなり、バンドのキャラクターがよく分かります。

武田さんの熱血プレイ
武田さんの熱血プレイ

特にすごかったのがドラムの上村さん。
ソロプレイをた〜〜〜っぷり聴かせてくれました!
みんな圧倒されてましたね!

次回のメンバーも楽しみです

毎回メンバーが変わることで、毎回違う「Caribe」を聴ける!
これがすごく楽しみになってきました。
非常に難しい曲ですが、各楽器とも難なくこなし、独自のプレイスタイルが出る。

全体的に分かりやすいポップス。
スーパープレイ満載の「Caribe」。
より幅広い人が楽しめるライブとして成長してきたと思います。

今回も素晴らしかったです!
今回も素晴らしかったです!

更新情報はTwitterFacebookで配信するので、ぜひフォローをお願いします。

関連記事

編集後記 2017年01月13日 21時
今回は上村さんが叩くドラムのパワーに圧倒されました。それに合わせてか、武田さんのプレイもいつもよりエネルギッシュに感じました。武田さんのライブは「けやきの杜」でしか聴いたことがないので、ぜひ他の会場のライブにも行ってみたいです。

 
スポンサードリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)