武田真弓 JAZZ CONCERT in 糸島 – 日本の曲もカバー!伝わりやすいライブでした!

武田真弓 JAZZ CONCERT in 糸島 – 日本の曲もカバー!伝わりやすいライブでした!

 
6月4日にけやきの杜にて、武田真弓さんの恒例ジャズライブが開催されました。
毎回ちょっとしたアイデアで楽しませてくれる武田さん。
今回は誰もが知っているお馴染みの曲が飛び出す、ジャズを知らない人にも分かりやすい構成!
 
スポンサードリンク

メンバーもいつもと違い、新鮮な気持ちで聴くことができました。
当日の様子を簡単にレポートします。
 
本日の撮影機材:Fujifilm X-T1+XF35mm

会場名:けやきの杜
住所:福岡県糸島市志摩井田原6
駐車場:この日のライブ時は会場前に臨時駐車場
開場:18:30
開演:19:00

いつもの4人編成だけどメンバーは一新

武田真弓さんのジャズライブは、だいたいピアノ、ベース、ドラム、サックスの4人編成。
今回も4人編成だったのですが、メンバーはいつもと全く違う!

全体のレイアウト
全体のレイアウト
ライブ前の楽器を眺めてる時間も好きです
ライブ前の楽器を眺めてる時間も好きです
コントラバスは持ち運びが大変そう…
コントラバスは持ち運びが大変そう…
ドラムはコンパクトなセット
ドラムはコンパクトなセット
ピアノの上には譜面が並んでます
ピアノの上には譜面が並んでます

日本のポップスは分かりやすい!

最初はトリオで登場。
カウントから始まるのもいつもの感じ。

DSCF8986

DSCF8992

トリオ編成
トリオ編成

早いビートと細かいリズムの曲からスタート。
最初はまだ皆さん硬さがあるのか、ジャストのプレイとは言えない状態でした。
リズムの乱れが少し気になる。
しかし、すぐに落ち着いて取り戻してくるのはさすがプロ。

2曲目からはサックスも加わり、上り調子に。

サックスの久富さん登場!
サックスの久富さん登場!
サックスの音色が美しい!
サックスの音色が美しい!

ここで日本の曲が飛び出します。
しかも松田聖子の「SWEET MEMORIES」!
発売当時、サントリーのビールCMで使われていた曲ですね。
更にサザンオールスターズの「いとしのエリー」、ルパン三世なども。
多くの人に馴染みのある曲は分かりやすいし、とっても聴きやすい!
糸島の人にジャズを知ってもらい、ジャズの間口を広げたいという武田さんにとって、良い構成だったと思います。

武田さんのピアノも素晴らしい
武田さんのピアノも素晴らしい

実際、ライブ後にも「知ってる曲があって楽しかった〜!」という声が、たくさん漏れ聞こえてきました。
馴染みの曲が、メンバーの解釈によってどんな雰囲気に変化するのか。
これもジャズの楽しみ方の一つ。
本当に楽しみ方は自由なんです。

DSCF9043

DSCF9055

DSCF9034

また次回を楽しみに!

馴染みのある曲をプレイしながらも、最後は「Caribe」でスーパープレイを見せる武田さん。
このラストは毎回圧倒されます。

背中越しに熱いプレイが伝わる!
背中越しに熱いプレイが伝わる!

次回はどんなプレイを聴かせてくれるのか。
楽しみにしています!

編集後記 2016年07月14日 21時
毎回満席の武田真弓さんのライブ。撮影しようにも、なかなか動きにくくて大変なんです。しかし、お客さんが多いのは良いこと!対策として、そろそろライブ撮影用にF2.8通しの望遠ズームレンズを調達したいな〜と…。

 
スポンサードリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)