糸島ちびたび – 糸島手造りハムで生ウインナー造りを体験し、そのままバーベキュー!

糸島ちびたび – 糸島手造りハムで生ウインナー造りを体験し、そのままバーベキュー!

 
格安で糸島旅ができるということで大人気の「糸島ちびたび」に、またまた参加してきました。
今回は体験を主としたツアー。
何が体験できるかというと「糸島手造りハムでの生ウインナー造り」!
 
スポンサードリンク

しかも体験するだけではなく、その場でバーベキューランチに、お土産用の生ウインナーまで付いてくるという贅沢っぷりでした。
 
本日の撮影機材:Fujifilm X-T1+XF35mm

浜地酒造の蔵開きからスタート

今回は浜地酒造の蔵開き訪問から旅がスタート。
目的はお昼用のお酒をゲットすること!
この時期限定の地ビールがありました。

「直詰」という限定地ビール
「直詰」という限定地ビール
3種類ありました!
3種類ありました!

会員じゃないと1080円なのですが、糸島ちびたび参加者は会員価格の810円で購入可能とのこと!
こういう細かい特典も嬉しいですね。
無事にビールをゲットし、糸島手造りハムへ向かいます。

生ウインナー造りを体験!

糸島手造りハムへ到着。
エプロンをつけて、フードをかぶり工房へ。

手造り体験教室の看板あり
手造り体験教室の看板あり

先生が1名ついて、説明を聞きながら進める感じです。
スタートは肉の塊。
料理をしない私には全く先が見えない状態です。

先生の目の前にある肉の塊が、簡単にさばかれていきます
先生の目の前にある肉の塊が、簡単にさばかれていきます
スジなどの不要なところを除去!皆さん真剣です!
スジなどの不要なところを除去!皆さん真剣です!
大量の肉が小さく刻まれました
大量の肉が小さく刻まれました

1人の割り当てはだいたい800グラム程度。
それが人数分なので、かなりの量になります。
小さくなった肉は、ニンニクや塩コショウで味付けをします。
ドバッとかけてひたすら混ぜる!

丁寧に混ぜます
丁寧に混ぜます

調味料と混ぜたあとは、ミンチにします。
肉を放り込み、ひたすらミンチ!

これにはテクニックはいりません!
これにはテクニックはいりません!
どんどんミンチができる!
どんどんミンチができる!

ここまで来たら、ついに腸詰めの作業に入ります!
皆さん、最初は苦労されていました。
すぐに破れてミンチが出てきたり…。
しかしそれにもすぐに慣れ、中盤から一気にハイペース!
快調に生ウインナーができていきます。

こんな感じで詰めていきます
こんな感じで詰めていきます
慣れるとこんなに長くできます!
慣れるとこんなに長くできます!
グルグル巻きに
グルグル巻きに
美しくできあがりました!
美しくできあがりました!

1人の割り当ては800グラムで、そのうち200グラムをバーベキューで食べることに決定!
バーベキュー分を取り分け、残りはお土産用に。
出発までは工房内の冷蔵庫で保管。
出発後はクーラーバッグで保管していただけるので安心です。

炭火焼きでいただきます

敷地内の2階にバーベキューができる部屋がありますので、そこに移動。
テーブルの真ん中で焼けるようになっています。

バーベキュー!
バーベキュー!
生ウインナーはこれで800グラム程度の4人分
生ウインナーはこれで800グラム程度の4人分
肉は惣菜畑がんこさんから配達されてきました!
肉は惣菜畑がんこさんから配達されてきました!
野菜とおにぎりも惣菜畑がんこさんより!
野菜とおにぎりも惣菜畑がんこさんより!

生ウインナーは大量にあるので、遠慮なく焼きまくります。
ガッツリ焼くと、肉汁がほとばしり、とてつもなく美味そう!

生ウインナーということでガッツリと焼きます!
生ウインナーということでガッツリと焼きます!
浜地酒造のビールと一緒にいただきます!
浜地酒造のビールと一緒にいただきます!
この写真で魅力は伝わるでしょうか…
この写真で魅力は伝わるでしょうか…
皆さん大満足の様子でした!
皆さん大満足の様子でした!

生ウインナー造りは楽しい上に美味しい!

肉の仕込みから、味付け、ミンチにして、腸詰め。
一通りの作業を楽しんで、その後は造った生ウインナーをいただく。
美味しい生ウインナーをお腹いっぱい食べて、更に生ウインナーのお土産が600グラムも!

糸島手造りハム以外に、浜地酒造、櫻井神社、二見ヶ浦、にぎやかな春、志摩の四季に寄りました。
これは文句なしに楽しめるツアーです!

櫻井神社も素晴らしかった!
櫻井神社も素晴らしかった!
当然二見ヶ浦の眺めも素晴らしい!
当然二見ヶ浦の眺めも素晴らしい!

助成金により格安で行けるツアーもついに終了となりますが、これが通常価格に戻ったとしてもコストパフォーマンスは高いです。
それに、添乗員さんの糸島に対する愛情の深さと、確かな知識も「糸島ちびたび」の魅力の一つ。
また新しい企画になるでしょうが、今後の「糸島ちびたび」が益々楽しみです。

関連記事

編集後記 2016年02月17日 22時
糸島手造りハムの生ウインナー手造り体験は、非常にいいですね。自分で作ったものだから安心して食べられますし。2回参加した糸島ちびたび。バスツアーの面白さをあらためて知った貴重な2日間でした。

 
スポンサードリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)