踵屋敷 – 知る人ぞ知る加布里の隠れ家「踵屋敷」独特の空間作りも魅力!

踵屋敷 – 知る人ぞ知る加布里の隠れ家「踵屋敷」独特の空間作りも魅力!

 
糸島には古民家を改装したお店がたくさんある。
どこも空間を活かした店づくりをして魅力的だ。
そんなお店の中でも、突出した存在のお店がある。
加布里漁港にある「踵屋敷」。
ランチの干物定食が絶品だ。
しかし、その魅力はランチの美味しさだけで決まるわけではない。
お店の場所、周辺の雰囲気、古民家をベースにした独自の空間作りから、オーナーの人柄まで。
全てのバランスが取れているからこそ、魅力があるのだ。
 
スポンサードリンク

昨年まではメディア掲載お断りといことで、表に出ることがなかった踵屋敷。
糸島ゆるゆるライフでも取り上げたかったのですが「なんとなく書くべきではないのかな」という考えから記事にしていませんでした。
しかし、大好きなお店なだけに書きたい思いも強くあり…ということで、ついに登場です。
 
本日の撮影機材:Fujifilm X-T1+XF35mm+Apple iPhone 5s

店舗名:踵屋敷
住所:福岡県糸島市加布里1119
電話番号:092-332-8088
営業時間:11時〜日没まで
(8月12日〜18日まではお休みだそうです)
駐車場:あり
公式サイト:http://kafuri-kibisu.com/

加布里漁港にあります

静かな加布里漁港。
人通りもない場所にひっそりと佇む古民家。
それが踵屋敷です。

お店と気がつかないかもしれません
お店と気がつかないかもしれません

お店に入ると、そこはオーナー秋田さんが作り上げた空間が広がります。

アンティーク家具を使った落ち着いた空間です
アンティーク家具を使った落ち着いた空間です
奥に写っているのがオーナーの秋田さん。最近金髪になりました。
奥に写っているのがオーナーの秋田さん。最近金髪になりました。

席は、海が見える窓際がオススメ。
だけど、わたしが好きなのはカウンター席。
ここはオーナーの秋田さんとゆっくり話ができる特等席です!

カウンターの前には、たくさんのアート作品が並びます。どれもこだわりを感じるモノ。
カウンターの前には、たくさんのアート作品が並びます。どれもこだわりを感じるモノ。
こんなヤツがいたり…
こんなヤツがいたり…
こんなヤツも…見ていて楽しくなります。
こんなヤツも…見ていて楽しくなります。
見上げるとドラゴンがいたり…
見上げるとドラゴンがいたり…

一つ一つの作品について、どんなモノなのかを秋田さんに聞いてみるともっと楽しめますよ。

ランチは干物定食のみ!

ランチは1日10食限定。
干物定食のみとなっています。
干物は必ずついてきて、それ以外は定期的にメニューが変わっていきます。

旨味が凝縮された干物!価値ある逸品!
旨味が凝縮された干物!価値ある逸品!
お皿に数品のおかずが。どれも手がかかっています!
お皿に数品のおかずが。どれも手がかかっています!
スープが付きます。このスープがまた美味しい!
スープが付きます。このスープがまた美味しい!
ご飯と一緒にいただきます!ご飯はおかわりできますよ!
ご飯と一緒にいただきます!ご飯はおかわりできますよ!
デザートまでつきます!
デザートまでつきます!

和食ながらも、ちょっと変わった組み合わせであったり、珍しい食材を使ったり。
いつも驚きがあり、しかも美味しい干物定食。
大好きです。

別の日に食べた干物定食。から揚げでした!
別の日に食べた干物定食。から揚げでした!
ご飯も時期によって色々と変わりますよ!
ご飯も時期によって色々と変わりますよ!

美味しい食事とともに、素晴らしい食器にも惹かれます。
実に味わい深い。
見た目も楽しい食事です。

ちなみに月曜日だけは特別にカレーの日となっています。
しかも、旅人カレーのルーを使った踵屋敷オリジナル!
いつか食べたいと思いながらも、月曜日なのでなかなか行けないですね。

糸島のディープスポット!

決して万人向けではありませんが、それだけにハマる人も多い踵屋敷。
食事や空間も魅力ですが、何と言ってもオーナーの秋田さんが魅力のお店。
ランチタイムを外して行き、カウンターでコーヒーを飲みながら秋田さんと話をする。
そんな使い方もお気に入りです。

カウンターに並ぶ色鉛筆も凄い!秋田さんが描いた絵もぜひ見てください!
カウンターに並ぶ色鉛筆も凄い!秋田さんが描いた絵もぜひ見てください!
ネコちゃんもいますよ!
ネコちゃんもいますよ!
かわいいです
かわいいです

糸島で有名な方々も常連だという踵屋敷。
海沿いのカフェのような派手さはありませんが、踵屋敷にしかない魅力がたくさんあります。
古民家の味わい深い空間と、美味しい食事。
何より、秋田さんが魅力なのです。

もっともっと書きたいことはありますがキリがないので…。
近日中に、踵屋敷の記事第二弾を書こうと思います。

編集後記
秋田さんとは、キナフク店舗で偶然会ったのが最初。その時も数時間話をした記憶があります。そんな秋田さんのところに集まるお客さんも、また面白い!先日踵屋敷にお邪魔した時も、常連さんと秋田さんの話を聞きながら数時間。こんな場に遭遇するようになると、ディープスポット踵の仲間入りだそうです。さてさて、踵の語りはまだまだ続きます…。

 
スポンサードリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)