辛島文雄トリオ JAZZ CONCERT in 糸島 – 年一回のスペシャルジャズライブ!

辛島文雄トリオ JAZZ CONCERT in 糸島 – 年一回のスペシャルジャズライブ!

 
昨年けやきの杜で聴いて感動した、辛島文雄トリオのライブ。
目の前で演奏されるスーパープレイに圧倒されたのを鮮明に覚えています。
その辛島文雄トリオが再び糸島に!
 
スポンサードリンク

ありがたい事に今年も招待いしていただきました。
去年とはレイアウトが変わったけやきの杜で、どのようなプレイを聴かせてくれるのか。
楽しみにしながらスタートを待ちました。
※取材ということで特別に許可を頂いて撮影しました。
 
本日の撮影機材:Fujifilm X-T1+XF35mm + X-T1+XF50-140mm

会場名:けやきの杜
住所:福岡県糸島市志摩井田原6
駐車場:この日のライブ時は会場前に臨時駐車場
開場:18:30
開演:19:00

今回も満席!

リハーサルから見学したかったのですが、時間の関係で開場直前に会場入り。
ひとまず楽器のレイアウトを確認します。

窓側にピアノという新しいレイアウト!
窓側にピアノという新しいレイアウト!
今回もキーボードがセットされてます!
今回もキーボードがセットされてます!
ドラムセットはコンパクト
ドラムセットはコンパクト
エレキベース!
エレキベース!
コントラバスも味がある
コントラバスも味がある
ベース用のエフェクトボード
ベース用のエフェクトボード

前回と違うのは、RADIAL J48 MK2というアクティブダイレクトボックスが追加になっていること。
ZOOM A3というアコースティックギター用のプリアンプが追加されたこと。
ダイレクトボックスは、さすがに良いものを使ってます。

満席でした!
満席でした!

途中で椅子の追加もあったりで、撮影スペースが限られてしまいました。
しかしお客さんあってのライブ!
撮影と取材は脇役ですので、そこは我慢ですね。

迫り来る音の波!

ライブスタートして感じるのは、プロミュージシャンの余裕。
実にリラックスして演奏してるのが感じられ、聴いている方が不要な緊張を強いられることはない。
しかしながら、トリオが放つサウンドは実にタイトで気持ちいい!
この辺の感じる部分は昨年と同様か、もしくはそれ以上!

チューニングを確認しつつ
チューニングを確認しつつ
ドラムはスタンバイOK!
ドラムはスタンバイOK!
最初はエレキベースで
最初はエレキベースで
瞬間的な表情は真剣そのもの
瞬間的な表情は真剣そのもの
メリハリが効いたドラムが気持ちいい!
メリハリが効いたドラムが気持ちいい!
辛島さんは終始楽しそうにプレイ!
辛島さんは終始楽しそうにプレイ!
辛島さんのトークを挟みながらライブは進行
辛島さんのトークを挟みながらライブは進行
曲によってエレキとアコースティックを使い分け
曲によってエレキとアコースティックを使い分け
この笑顔がいいですね!
この笑顔がいいですね!
途中、武田さんもピアノで参加!
途中、武田さんもピアノで参加!
時折挟まるドラムソロも迫力!
時折挟まるドラムソロも迫力!
この5弦ベースの音がやっぱり好き!
この5弦ベースの音がやっぱり好き!

プロのプレイは格別だ!

複雑な曲を難なく弾きこなす三人。
ボーカルがいないにも関わらず、歌メロが聴こえてきそうな素晴らしい演奏。
昨年も感じたことだが、余裕と緊張感が同居したまま目の前で繰り広げられるスーパープレイに、ひたすら圧倒されたまま終わってしまう2時間。

楠井さんのベースはやっぱり凄かった!
楠井さんのベースはやっぱり凄かった!

しかしこれが心地よいのだ!
安心して聴けるスーパープレイ!
糸島の小さな会場でそれを楽しめる。
こんな贅沢はないと思います。

関連記事

編集後記 2015年07月14日 21時
福吉ジャズ、辛島文雄トリオと、2週続けてのジャズライブという贅沢な時間を過ごすことができました。どちらのライブも本当に素晴らしく、両方見れた方はラッキーですね。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)