関空で配布!KIX-ITMマガジンに糸島のナビゲーターとして掲載されました!

関空で配布!KIX-ITMマガジンに糸島のナビゲーターとして掲載されました!

 
ブログ記事のことを評価されるのが、何より一番嬉しい。
2015年1月に届いた掲載依頼のメール。
そこには「KIX-ITMマガジン」と、聞いたことがない雑誌名が。
一瞬「微妙だな〜」と思ったものの『関西国際空港と大阪国際空港で配布』の文字を見て状況は一変。
 
スポンサードリンク

国内旅の見開きページで糸島を取り上げるので、ナビゲーターとして掲載させて欲しいとのことでした。
もちろん、即承諾の返信をしました。
 
本日の撮影機材:Fujifilm X-T1+XF35mm

2015年4月から2ヶ月間の配布です

関西国際空港と大阪国際空港の他にも、空港内や南海電鉄主要駅、空港リムジンバス内、京阪神の書店、カフェで無料配布されるというKIX-ITMマガジン。
2ヶ月間と、結構長い期間配布されます。

記事はこんな感じです!
記事はこんな感じです!

空港で配るということで、旅の話が中心のマガジン。
読んで魅力を感じてもらい、飛行機の需要を喚起しようということでしょう。
実は紙媒体と同時にWeb上でも展開されるこの企画。
チェックしてみたら更新されていました!

笑顔と旅する空港情報誌『KIX-ITM MAGAZINE』
KIX-ITMマガジンのWebサイト。記事もこちらで閲覧できます!

 
PDFファイルもダウンロードできるので、ぜひ読んでみてください。
「伊都菜彩」や「櫻井神社」という定番とともに、小さい扱いながらも「糸島アンダーギー」と「糸島金山寺納豆」も紹介されています。
見本誌も送っていただけるそうなので、そちらも届き次第写真をアップします。

真似できない記事を書くことで評価される

今回の話は、何の面識もない関西の編集担当者から話をいただきました。
たぶん、糸島のことをネットで検索してわたしのブログが出てきたのでしょう。
糸島のことを書いているブログは沢山ありますが、その中で「糸島ゆるゆるライフ」を選択してもらえたのが素直に嬉しいです。
普段からブログ記事は「日記にしない」と意識して書いています。
読んだ人に面白いと思ってもらえるような、役立ったと思ってもらえるような記事を目指しています。
そのため、本当に良いと思ったところしか記事にしません。
そうしないと、気持ちを込めた記事が書けませんからね。

日記ブログが多い中で存在感を出す。
圧倒的に無名である個人が存在感を出せる「ブログ」というメディアは、本当にスゴいと思います。
お陰でわたしも「自分ブランディング」ができているのです。

今後も糸島を「糸島ゆるゆるライフ」目線で巡り、他の人が真似できない記事を書き続けます。

関連記事

編集後記 2015年04月01日 21時
「取材班を取材する」というのをやりたかったのですが、残念ながらロケは平日だったため断念。しかし、関空でどんな感じで置かれているのか、どの程度の人が読んでいるのかも気になります。コレを読んで糸島に来てくれる人がいたら、それまた嬉しいですね。

 
スポンサードリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)