クラウド版 デッドライン仕事術 – 計画を実行し達成し続けるためのノウハウが詰まった良書!

クラウド版 デッドライン仕事術 – 計画を実行し達成し続けるためのノウハウが詰まった良書!

 
振り返れば、立花岳志さんの「ノマドワーカーという生き方」を読んでから人生が変わったように思う。
ブログを本格的にスタートし、本に書いてあるタスク管理を実行。
立花岳志さんのセミナーも、2回受講しました。
 
スポンサードリンク

自分を、人生を、劇的に変えていくこと。
日々コツコツと実行していくことで、本当に変わっていくことを実感しています。
「クラウド版 デッドライン仕事術」には、そのノウハウが惜しげも無く詳細に記されています。
昨年の「Evernote User Meetup 2014 ITOSHIMA」で登壇し、Evernoteを使って実践している内容を話しました。
長期計画を立てて、それを振り返りながら実行していく手法。
そのベースになる部分がキッチリと整理して書いてあるのです。
 
本日の撮影機材:Fujifilm X-T1+XF35mm

 

デッドライン仕事術を回す技術

まず「デッドライン仕事術」とは。

  • すべての仕事に期限を設定すること
  • 1日の仕事の終了時刻を設定し、それを死守すること

この二つを徹底するというシンプルな仕事術。
しかし、なんとなく日々を過ごしているとコレが難しい。
この「なんとなく」の生活を変えなければ、何も進まないのだ。

そんな時に出会ったのが「ノマドワーカーという生き方」という、立花岳志さんの書籍。
最初はノマドという言葉にピンときて買ったのですが、計画を実行していく手法、振り返りの手法の方に俄然興味が湧きました。

立花岳志さんの書籍は3冊持っています!
立花岳志さんの書籍は3冊持っています!

長期計画をブレイクダウンする

「ノマドワーカーという生き方」ではさわり程度の扱いだったものが、「クラウド版 デッドライン仕事術」では詳細に解説されています。
考え方としては、5年後の自分をイメージして夢を書き出し、そこを目標として計画に落とし込んでいく形です。
5年後の目標を達成するには、1年後にどこまで進めるのか。
1年ごとの計画を作り、更にそれを四半期ごと、月ごと、週ごと、1日と、細分化していきます。
細分化した小さな計画を達成し続けることで、大きな目標に向かっていく。

例えば「5年後に月100万PVの人気ブロガーになる」という目標を立てたとします。
そうなると、少なくとも1年後くらいに10万PVの大台に乗せておく必要がありそうです。
PVを10万まで増やすにはどうするか?!
新しい企画を立てるのもいいし、他の人気ブロガーとコラボするのもいいかもしれません。

そうやって考えながらやるべきことを分解していき、1日のタスクにまで落とし込むわけです。
100万PVを目指すというとてつもない目標も、細分化してしまえば「人気ブロガー◯◯さんにメールする」とか「◯◯の記事を書く」とか、簡単に実行できる小さなタスクになります。
それをキチンとこなすことで、大きな目標に近づいていくのです。
当たり前のことだけど、小さな積み重ねが大きな成果を生む。
コレですよ!

Evernote User Meetup 2014 ITOSHIMA – Evernoteの活用方法についてプレゼンしました! | 糸島ゆるゆるライフ – いとゆる –
Evernoteイベントの時に、簡単にですがわたしが実践している内容を紹介しました!

 

人生を変えたいのなら必携の本!

計画を立て、1日単位にまで落とし込んで実行していく。
しかし全てが上手くいくわけでは無いので振り返りを行い、修正を加えていくことが重要です。
この振り返りの手法についても詳しく書かれています。
更に、これらを作成するためのテンプレートが公開されていますよ!
アドレスは本に掲載されているので、ぜひ買ってみてください。

元トリンプの社長として有名な吉越浩一郎さんとの共著です!
元トリンプの社長として有名な吉越浩一郎さんとの共著です!

わたしがEvernoteに蓄積している日々の実行と振り返りの手法、その全てがコレに書いてあります。
わずか1620円でそれが手に入る。
人生を劇的に変えるバイブルです。

関連記事

編集後記 2015年01月09日 22時
自分で分かりやすいようにだいぶアレンジして使っていますが、ベースはこの手法です。ブログのページビューはそんなに増えていないのですが、自分から声をかけなくても色々な方面から話が舞い込むようになりました。その結果は、生き方を変えたからこそ。立花岳志さんの本は、やはり参考になります。偉そうに書いてますが、この記事の原稿を書く途中に腰を痛め、記事の公開日が伸びてしまいました。しっかり管理しても全てがうまくいくわけじゃないのも面白いところ。修正しながら達成に向かいましょう!

 
スポンサードリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)