福ふくの里 春の極上直売まつり – 一面の菜の花とイノシシの丸焼きの凄まじいコントラスト

福ふくの里 春の極上直売まつり – 一面の菜の花とイノシシの丸焼きの凄まじいコントラスト

 

 
肉を食べるというのは、命をいただくということ。
菜の花を見に足を運んだ「福ふくの里」で、イノシシの丸焼きがなんと目の前に!
目を背けている現実と、その肉の美味しさ。
どちらも驚きでした。
 
本日の撮影機材:Ricoh GXR+A12 50mm F2.5 macro+Apple iPhone 5s

店舗名:福ふくの里
住所:福岡県糸島市二丈福井6333
電話番号:092-326-6886
docomo iPhone 5s LTE感度:LTE快適に通信可能
駐車場:たくさんあります
営業時間:9:00〜17:00
店休日:8月14日〜16日/1月1日〜5日

快晴の日曜日!

福ふくの里の前は、毎年一面の菜の花を見ることができます。
この日は天気が良くてちょうどいい!ということで行ってみました。

黄色い世界!
黄色い世界!

奥に見えるのが直売所の福ふくの里。
その前には黄色い世界が広がっています。
ちょっと低めのアングルで見ると、ホントに素晴らしい眺め。

嫁の編み物撮影会も実施
嫁の編み物撮影会も実施
菜の花!
菜の花!

鮮やかな黄色が眩しいです。

駐車場側には簡易の展望台も設置してあります。
そこに気になるものを発見!

いのしし振まいコース?!
いのしし振まいコース?!

この雑な感じもかなり気になりますが、なにより「いのしし振まい」というのが謎。
で、遠くの方に目を移すと確かになにかやってる!

衝撃の丸焼き写真!!!

菜の花畑の中に入っていくと、驚きの光景が!

皆さんで丸焼き中!
皆さんで丸焼き中!

イノシシの丸焼きを実演中でした!
ガッツリ焼かれているイノシシを目の前にすると、ひたすら驚きの声しかでない。

回しながら炙られるイノシシ
回しながら炙られるイノシシ

ひたすら驚いていると「試食どうですか?」と声をかけられます。

肉も準備されてました!
肉も準備されてました!

衝撃を受けつつも、ここまできたら食べるしかない!
覚悟を決めて食べてみると…
コレが臭みが全く無くて実に美味い!

イノシシの肉って、臭みがあってクセがあるというイメージがあると思います。
実際、今までは野性味溢れる肉しか食べたことなかったです。

そのイメージを完全に覆す肉がココに!

聞いてみたところ「血抜きなどの下処理をとにかくスグにやってしまうこと」が大事なんだとか。
そこを素早くやることで、全く違う味わいになるようです。

イノシシ肉は苦手と言っていた嫁が平気で食べたくらいなので、ホントに美味しいんです。

生き物をいただくという現実

今まで特に考えずに食べていた肉。
それが、そのままの姿で焼かれているのを見ると考えさせられますね。

いただいた命を「大切に食べる」こと。
それを「美味しく食べる」こと。
楽しむだけではなく、勉強にもなるイベントでした。

関連記事

編集後記 2014年03月27日 22時
この日はカレーの「まんまる」さんも出店されてました!美味しい野菜を使った、この日限定のカレーをいただいたので、その辺はまた次回の記事で書きますね。

 
スポンサードリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)