誰でも簡単!料理写真を美味しそうに撮れる2つのコツ!

誰でも簡単!料理写真を美味しそうに撮れる2つのコツ!

 

たった2つのコツを覚えるだけで、料理が美味しく見えるように写真が撮れます。

FacebookやTwitterで共有するとき。
ブログでお店のレポート記事を書くとき。

「うわっ!美味しそう!」となるか「ん??まぁ美味しいのかも?」程度で終わってしまうのか。
なにより写真のデキが全てです。

HINODEのフィッシュチーズタコス!
HINODEのフィッシュチーズタコス!

最近はiPhoneのカメラ性能も上がり、特別にデジタルカメラを持ってなくてもキレイに撮れます!
ただ、そこでちょっと考えて撮れば、写真のクオリティが大幅アップ!
そのためにいつもわたしが実践している2つのコツを紹介します!
 
本日の撮影機材:Apple iPhone 5s

フラッシュを使わずに撮る!

大きなポイントはコレだけと言ってもいいくらい。
「美味しそう!」とか思って撮った写真が、こんなことになった経験がありませんか?

暗いと思ってフラッシュを使ったら暗黒の世界
暗いと思ってフラッシュを使ったら暗黒の世界

色気がなく、まるで美味しさが伝わらない残念な写真。
フラッシュを使うと、こういう写真になりやすいのです。

理屈は抜きにして、フラッシュは素人に使いこなせるものではありません。
たとえ暗くても、常にオフの状態で使うのが基本です。

フラッシュをオフにして同じ料理を撮ると…

だいぶ食欲が出てくる写真!
だいぶ食欲が出てくる写真!

デジカメやスマートフォンに内蔵されているフラッシュは、料理写真の大敵。
コレだけで格段のレベルアップです!

更にミイルなどのアプリを使えば、派手めで見栄えのする写真に早変わり!

本日、ミイルにアップした写真です!夕飯のカレー!
本日、ミイルにアップした写真です!夕飯のカレー!

誰でも簡単!美味しいごはんを魅力的な写真で共有できる「ミイル(miil)」を使おう! | 糸島ゆるゆるライフ
料理写真の共有アプリ「ミイル(miil)」の紹介記事です!

 

大胆に寄って撮る!

定食など、小鉢がたくさんついてたりすると、全体を撮りたくなりますよね!

何を食べたかは分かりますが…
何を食べたかは分かりますが…

何を食べたか一枚の写真で説明したいのなら、コレもアリです。
しかし、美味しそうに見えるように撮りたいのならもう一息!

主役にグッと寄る!
主役にグッと寄る!

全体は入らなくてもいいので、とにかく料理に近づいて撮りましょう。
やや低めのアングルで、奥行き感を出した方が、それらしく見えます!

デザートとコーヒーくらいなら両方収めてもいい感じ!
デザートとコーヒーくらいなら両方収めてもいい感じ!

素早く撮って、美味しいうちに食べよう!

写真もいいけど、料理を味わうのが一番大事。
特に熱々に料理や麺類などは、もたもたしていると美味しいタイミングを逃してしまいます。
できたてを味わい、存分に楽しみましょう!

 

編集後記 2014年01月21日 21時
ブログで料理の写真を載せることが多いので、撮影のコツを紹介しました。この2つのポイントを実践するだけで、料理写真を大幅にレベルアップできます!初めて聞いた!という方はぜひお試しください。

 
スポンサードリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)