ポストイットEvernote Editionが届いたのでiPhoneでのスキャンを試してみた!

ポストイットEvernote Editionが届いたのでiPhoneでのスキャンを試してみた!

 
スポンサードリンク

 
モレスキンのEvernoteスマートノートブックも使ってます!いとゆる(@itoyuru)です。Amazonで予約していたポストイットが届きましたので、早速レポートします!
 
本日の撮影機材:Ricoh GXR+A12 50mm F2.5 macro+Apple iPhone 5s

見た目は普通のポストイット!

当たり前ですが、見た目は普通のポストイットです。正方形タイプになりますが、75×75サイズなので特別ではなくレギュラーラインナップにもあります。

こんな感じです!
こんな感じです!
裏には普通の注意書き
裏には普通の注意書き

強粘着タイプになってるので、印刷物なんかに貼るのには向かないようです。メモとして使って、デスク周りに貼るイメージのポストイットかな。

開けてみます。色鮮やかなグリーン!
開けてみます。色鮮やかなグリーン!
1ヶ月分のコード付き!
1ヶ月分のコード付き!

ポストイットなのに600円もする高額商品なだけに、Evernoteのプレミアムコード1ヶ月分がオマケに付いてきます。本物のポストイット+プレミアムコードと考えれば辛うじて納得できる価格かな。ただし、このコードは年1回しか使えないようです。やっぱり微妙だ。

iPhoneでスキャンするとキレイに整形されます!

さて、iPhoneでスキャンしてEvernoteに取り込むことができるのが、このポストイットのメリット。まずはEvernoteアプリを起動!

Evernote 7.1.1(無料)
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
販売元: Evernote – Evernote(サイズ: 30.6 MB)
全てのバージョンの評価: (40,625件の評価)
+ iPhone/iPadの両方に対応

 

Evernoteをタップ!
Evernoteをタップ!

起動すると下の方にカメラアイコンがあるのでタップします!

カメラを起動!
カメラを起動!

カメラを起動すると、いくつかモードがあるのに気がつくと思います。画面で右にスワイプすると、目的のポストイットスキャンモードになりますよ!

右スワイプ!
右スワイプ!

大まかに画面に収まるように合わせて撮影しましょう!

パシャリ!
パシャリ!

これで撮影完了!撮影した写真を見てみると…

バッチリ正方形に整えられて取り込まれてました!
バッチリ正方形に整えられて取り込まれてました!

見事な整形処理がされてます!ただ、たまたま端まで使って描いてたので気づきましたが、周りが少しカットされるようです。何度試しても全面は取り込めませんでした。まぁ、こういう使い方をすることはないでしょうから問題ないでしょう。

OKだったら、右下のチェックマークをタップして、Evernoteに保存します。

こういう形で保存されますよ!※ちなみに嫁が描いた絵です
こういう形で保存されますよ!※ちなみに嫁が描いた絵です

スキャンの品質は素晴らしい!

付箋としては少々高いですが、スキャンの品質は素晴らしいの一言!更に、ポストイットのカラーによって、色々と付加機能を割り当てることができるようなので、また次回試してみます!それを考えると4色セットで買うのが一番オススメですね!

 

 

編集後記 2013年11月06日 23時
アナログな手書きものも取り込んで活用できるのがEvernoteのイイところ。スマートノートブックの方も、1ページ埋まるたびにEvernoteに取り込んでいます。アナログを大事にしながらも、デジタルで活用する。コレが現代的な使い方ですね。

 
スポンサードリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)