【R59 JCW】「MEET MINI 試乗キャラバン」に希少なJohn Cooper Works Roadsterの6MTが展示してあった!

【R59 JCW】「MEET MINI 試乗キャラバン」に希少なJohn Cooper Works Roadsterの6MTが展示してあった!

 
屋根が開く車に憧れる、いとゆる(@itoyuru)です。屋根を開けて走るとすごい気持ちいいですよね。ミニは結構風の巻き込みもあるんですが、それもまたイイ!季節的に、屋根を開けて気持ちいいのは今がギリギリでしょうか。羨ましい!!
 
本日の撮影機材:Ricoh GXR+A12 50mm F2.5 macro
 
スポンサードリンク

室内展示もありました

先日福岡で開催された「MEET MINI 試乗キャラバン」では、イオンモールルクル内での室内展示も実施されていました。何も知らずに試乗会場へとダイレクトに行ったら、スタッフに「受付はルクル内の会場でお願いします」と言われて初めて気がつきました…。

賑やかな雰囲気の会場。朝からかなり人が集まっていました。
賑やかな雰囲気の会場。朝からかなり人が集まっていました。

今回は、かなり特長的な車両が集められていました。例えば…

アヒルちゃん
アヒルちゃん

屋根にドンと乗ってました。アヒルちゃんが、ミニと同じくらいの大きさ。もう一台すごい車両が…。

男前豆腐バージョンのクラブバン!
男前豆腐バージョンのクラブバン!
完全男前豆腐仕様!
完全男前豆腐仕様!

クラブマンを2シーターにして、積載量をアップさせた「クラブバン」を男前豆腐仕様にしていましたよ!営業車としては素晴らしい!

一番の注目はJohn Cooper Works Roadster

会場の一番目立つ場所に鎮座する「John Cooper Works Roadster」がやっぱりカッコよかった!

子どもも注目のロードスター
子どもも注目のロードスター

フロントガラスが通常のミニより傾斜しているので、だいぶ違った雰囲気に見えます。

ボディカラーはホワイトシルバーでした
ボディカラーはホワイトシルバーでした

室内は大人の雰囲気のブラウンレザー。凄くいい雰囲気ですが、JCWの特長である赤ステッチとはあまりあってないですが、全体としては○!オープンは内装派手めがオススメ!

こんな雰囲気です
こんな雰囲気です

リアは、JCWらしいスラッシュカットタイプのマフラーが。当然音量は大きいでしょうね。屋根を開けて3000以上回すと、助手席との会話は厳しいかも。

リアの雰囲気
リアの雰囲気

何と言ってもこの車両の注目はMTであること!できればこちらを試乗車にして欲しかった!試乗車の方は残念ながらAT。今回の試乗会、当たり前といえばそうですが、ほとんどがATでした。MTはJCWクロスオーバーとJCWハッチだけ。せっかくMT選び放題なミニなのに残念!もっと積極的にPRしてほしい!

見慣れたMTノブ!
見慣れたMTノブ!

センターメーターはインフォメーションタイプになっています。これが標準?!

どう使うのか分かりません…今度ディーラーで聞いてみようっと…
どう使うのか分かりません…今度ディーラーで聞いてみようっと…

ロードスターはリアに可動式のウイングがついています。速度によって自動的に出てくるようですが、スイッチ操作も可能です。

ルームミラーあたりにスイッチがあります。真ん中のスイッチがそれ。
ルームミラーあたりにスイッチがあります。真ん中のスイッチがそれ。

最高の贅沢車!

屋根が開いて、ツーシーター。割り切った仕様のとっても贅沢な車です。

私が写真を撮ったりしている間にも、初老の夫婦が展示車両をじっくり見ていました。一通り見て気に入った様子。でも最後に値段を見て「こげん高いとな!」とビビってました。「これはJCWというスペシャルチューンモデル。Cooperであればここまで高くないですよ…」と教えてあげたかった。

お値段451万円。すごく楽しそうな車です!
 
スポンサードリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)