【R60 JCW】ちょっとだけ大人しいサウンド?!これがJohn Cooper Works Crossover標準マフラーの音だ!

【R60 JCW】ちょっとだけ大人しいサウンド?!これがJohn Cooper Works Crossover標準マフラーの音だ!

 
クロスオーバーのJCWの注目度の高さに驚いている、いとゆる(@itoyuru)です。JCWクロスオーバーの情報を求めて、検索サイトからうちのブログにたどり着かれる方々が多いです。でも、載せてるのはディーラーの展示車両の写真のみ。期待に応えられていないこの状況を打破するべく、取材をしてきました!

参考記事:ついに福岡にも上陸!ドでかいミニ!John Cooper Works Crossoverの実車を見て気がついた3つのポイント
 
本日の撮影機材:Ricoh GXR+A12 50mm F2.5 macro
 
スポンサードリンク

メーカー主催の試乗会でした!

5月の18日、19日は「MEET MINI 試乗キャラバン」というメーカー主催の試乗会が福岡で開催!場所はイオンモールルクルの駐車場。メーカー主催ということは…そう!普段乗れないような車に乗れたりするわけです。

そんな一台!「John Cooper Works Crossover」の6MTに乗ることができました!

JCWクロスオーバー!
JCWクロスオーバー!

試乗の感想については近日中に公開予定ということで、まずはJCW標準マフラーの音について。

ちょいと大人しいサウンド?!

JCWクロスオーバーのマフラーは、見える部分だけだけ大きいハッタリになっていることは以前お伝えしましたね。

奥に細い出口が見えます…
奥に細い出口が見えます…

だからかどうかは分かりませんが、ハッチよりも若干大人しいサウンドに感じました。まずは聞いてみて下さい。カメラを固定しなかったのでブレてますが…

音質はハッチと同様の太い音ですが、気持ち抑えてある気がします。4枚ドアということもあって、ある程度快適性も考えてあるのかもしれません。ただし、回していけばかなり迫力のあるサウンドになります。他のJCWシリーズ同様「パンパン」鳴りますよ。特にスポーツボタンを押すと、アクセルを戻すだけで「パンパン」鳴って賑やかです。このあたりの賑やかさはハッチと同様。JCWシリーズの魅力でもあります。

参考記事:【R56 JCW】完全ノーマル!John Cooper Worksのアイドリングサウンドは純正マフラーでも豪快だ!

試乗記事も近日公開

ハッチとはかなり違うフィーリングのクロスオーバー。短時間でしたが試乗できたので、近日中に試乗記事もアップしますよ。
 
スポンサードリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)