【糸島】日本一の梅酒「しらうめの庭」も飲めた蔵開きイベントで珍品『イノシシカレー』を食べて満たされた「白糸酒造 ハネ木まつり」

【糸島】日本一の梅酒「しらうめの庭」も飲めた蔵開きイベントで珍品『イノシシカレー』を食べて満たされた「白糸酒造 ハネ木まつり」

 
前日の記事でお伝えした通りまたもや一滴も飲まなかった、いとゆる(@itoyuru)です。お酒大好きってわけではないので、こういう芸当も意外と平気でできてしまいます。多くの方々には信じられないプレイなんでしょうけど。
 
スポンサードリンク

ということで、白糸酒造今季二回目の蔵開きイベントに行ってきました。前回は2月23日、24日。実はこの直後に大きな動きがありました。

見てたらグッときたので撮影!
見てたらグッときたので撮影!

第7回 天満天神梅酒大会 優勝

はい。大阪天満宮にて開催された第7回 天満天神梅酒大会の梅酒部門で、糸島酒造の「しらうめの庭」が優勝!梅酒日本一「天下御免」の称号を獲得!という大ニュース!

ハネ木搾りの白糸酒造
梅酒日本一!「天下御免」の称号を獲得したとのこと。スゴイスゴイ!

 
公式サイトでもアナウンスされていましたが、今季分は既に完売。来季分の予約を受け付けている状況です。会場では抽選販売で、わずかな在庫を売ってましたよ。来季も争奪戦になりそうですね。

今回はチケット無しの角打ちコーナー

前回の角打ちコーナーははチケット制でしたが、今回は普通に現金払い。ラインナップは「田中六五」シリーズが中心。こちらも在庫が既に無いということです。梅酒もありました!

この日のラインナップ!
この日のラインナップ!

飲む時には「枡あり」と「枡なし」が選べます。「枡あり」は300円高いですが、おこぼれがある位についでもらえるし、枡もお土産にできるのでオススメ!

枡ありはこんな感じ。木の香りも楽しめる!
枡ありはこんな感じ。木の香りも楽しめる!

この蔵の中は薄暗いけどいい雰囲気。この日は麹関係の商品もたくさん売ってました。私は、唯一ノンアルコールだったイチゴ甘酒をいただきました。ひんやり冷えてて美味しかった~!

イチゴ甘酒!
イチゴ甘酒!
ハネ木!
ハネ木!

嫁が空きっ腹なので食事へ

食べずにいきなり梅酒と日本酒を飲んだからか、いきなり酔い気味の嫁。危険なので外のお店の方へ移動。まずは焼きそばを食べて落ち着く。

焼きそば!まぁ、間違いないよね!
焼きそば!まぁ、間違いないよね!

落ち着いたところで、本格的に食べ物を物色。やっぱり気になるのは「HINODE」ブース。いつものタンドリーチキンもいいけど、今回はめちゃくちゃ気になるメニューが!

イノししカレー!ブヒ?
イノししカレー!ブヒ?

イノシシ…食べたことないけど…。どうなんだろう?干支がイノシシなオレは食うしかないのか。覚悟を決めました。ってことで…

オーダーしたら、クロちゃんがついでくれた!
オーダーしたら、クロちゃんがついでくれた!
ばーん!
ばーん!
見た目は普通のカレー
見た目は普通のカレー

味はほんのりスパイシーで、普通に食べやすいカレー。その中に小さめにカットしてある猪肉がゴロゴロと入ってました。猪肉はクセがあると聞きますが、カレーだと濃い味で隠せるからか、全く気になりませんでした。うんうん、イケるイケる!!

HINODEさんは、普段食べられないメニューで楽しませてもらえるんでお気に入り!お店の方も改装したらしいので、また野北の店舗の方にも行ってみなきゃ!

参考記事:【糸島】ヘルシーな野菜たっぷりの手づくりタコスに大満足!美味しく野菜をいただこう!「mobile kitchen HINODE」

お土産買って帰りました

今回は自宅用にお酒のセットを買って帰りました。

純米吟醸酒と、うすにごり酒のセット
純米吟醸酒と、うすにごり酒のセット

酒には詳しくないのでたいしたこと書けませんが、美味いのは確か。スルッと飲みやすい。少しずつ飲み進めよう。お土産に持って帰った枡を使ってね。

店舗名:白糸酒造
住所:福岡県糸島市本1986
電話番号:92-322-2901
駐車場:建物真正面の敷地にあり

 
スポンサードリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)