【R56 JCW】完全ノーマル!John Cooper Worksのアイドリングサウンドは純正マフラーでも豪快だ!

【R56 JCW】完全ノーマル!John Cooper Worksのアイドリングサウンドは純正マフラーでも豪快だ!

 
車の中で音楽を聴くことが無くなった、いとゆる(@itoyuru)です。BMW MINIに乗り始めて、すっかり車で音楽を聴かなくなりました。それはナゼか?
 
本日の撮影機材:Ricoh GXR+A12 50mm F2.5 macro
 
スポンサードリンク

とにかく音がデカい!

そう、マフラーから発する排気音がとにかくデカい!しかもなかなかなの快音を響かせます。音楽なんてかき消してしまう。国産車からすると、車検に通るのが信じられないレベル。しかも、レーシングカーのようにパンパンとバックファイヤーをブチかます。

でも、なにも改造してないどノーマル車両なんです。

こんなマフラーが付いてます!
こんなマフラーが付いてます!

ハッチバックのグレードは4つ

自然吸気の「MINI ONE」「MINI Cooper」、ターボの「MINI CooperS」、更にエンジンチューンを施した「MINI John Cooper Works」の4つ。

ってことで、John Cooper Worksは本気で走りたい人向けのグレードです。実際、つい最近までは6MTしか設定がありませんでした。とうとうATも設定されましたが、それであればCooperSの方がオススメ。せっかくのパワーとトルクを、トルコンでロスするのはもったいないです。

だからこそサウンドも本気モード

アクセルを踏み込むと、アメリカンV8のようなボロボロした音が響き渡ります。1.6の直4ターボなのに。少々お下品な音かもしれないですけど、こういう豪快さは結構好きです。ということで、せっかくなのでアイドリングサウンドをYouTubeで公開しました!だいぶ前にテストで撮ったものなので短いですが、なんとなく雰囲気は分かると思います。

どうですか!?この音にピンときたらJCWオススメです!せっかくならMTでね。

ミニ JCWを買おう!

思い立ったが吉日。
このページにたどり着いたという事は、ミニJCWを買う!または検討しているという事。
私もそうでしたが、まずは現在乗っている車の査定が気になるところ。

ディーラーでそのまま査定してもらうのは楽ですが、ネットを駆使して査定をしてもらうと、かなり差額が出てきます。
以前、2台目の車としてホンダのフィットにも乗っていたのですが、1台にまとめるために売却することに。
その時にネットの一括査定を活用し、わずかな手間で20万も買取価格がアップした経験があります。

一括査定をする時のポイントは、携帯をマナーモードにすること。
依頼をすると一気に電話がかかってきます!

メールで査定を送ってくる業者もいるので、その辺りの情報も加味しながら、業者を選別していきましょう。
私の場合、電話はタイミングによって受けて、全てを受けることはしていません(本当にすごい勢いでかかってくるので)

その後査定の日程を決めて、一気に査定を受け、一番高いところに決めました。
今はネットをできるだけ活用する時代。
できるだけ手間を省いて、高い査定を出してもらうのがポイントですよ!
今は一括査定ではなく「あなたの愛車は今いくら?1分でカンタン相場チェック」なんていうサービスもあるようです!



 
スポンサードリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)