【R56 JCW】現行モデルの終わりを告げるぶっ飛び限定車MINI Jorn Cooper Works GPを見てきた

【R56 JCW】現行モデルの終わりを告げるぶっ飛び限定車MINI Jorn Cooper Works GPを見てきた

 
カワイイ見た目に反して過激に速いMINIが気に入っている、いとゆる(@itoyuru)です。スポーツボタンという飛び道具が付いてまして、コレを押すとアクセルのレスポンスが良くなり、ハンドルが重くなり、バックファイヤーしやすくなるという過激な演出。アドレナリンが出まくっておかしくなりそうです。
 
本日の撮影機材:Apple iPhone5
 
スポンサードリンク

さて、今日3月2日はどうやらミニの日らしいです。確かBMWミニの日本導入がこの日だったかと思います。個人的には全く思い入れのない日ですが、こういうイベント事には乗っからないとね。ってことで、書くタイミングを失っていたディーラー訪問の記事をアップ!

ミニ福岡西に入庫!

200台の限定車両「MINI John Cooper Works GP」が入庫したとのことで、ミニディーラーへ行ってきました。GPといえば、初代の時もモデル末期に限定車両として販売されました。ということは、現行も末期ということですね。少々狭いショールーム内に、それは展示してありました。

好きな人であれば違いがわかるGP!
好きな人であれば違いがわかるGP!
サイドにはGPのロゴが!
サイドにはGPのロゴが!

随所に赤い特別塗装のパーツも組み込んであります。この辺のパーツは、いつものごとくオーナーでなければ買えないシステムでしょうか。バンパーに付いてる赤いパーツが欲しい!

ついにキタ!韓国タイヤ!

まず気になるのがタイヤ。通常のグレードで韓国タイヤを履いた車両は確認してましたが、John Cooper Works GPにもくるとは!

タイヤはKUMHO!
タイヤはKUMHO!

世界的に韓国製の信頼度は上がっているのでしょう。先日のフランス~ドイツの旅では韓国車の方をよく見かけました(元々ヨーロッパでは日本車の人気はいまひとつ)。性能的に問題ないから純正採用されているのでしょうが、日本では未知なる韓国タイヤには少々抵抗があります。ブリヂストンが付いてたら自慢できるけど、KUMHOじゃ自虐ネタにしかできないじゃないか!それはそれで美味しいネタか。

エンジンとご対面

エンジンルームも見ることができました。うちのJohn Cooper Worksではオプションだったタワーバーが標準で付いてます。剛性の面では圧倒的有利。

ギッシリ!
ギッシリ!

エンジンカバーにもJohn Cooper Worksのロゴがあります。普段は隠れている部分ですが、車好きとしては手を抜いて欲しくないところ。酒の肴になるような美しいエンジンが理想。例えばAMGのV8 6.3Lとか。フェラーリのV8は別格ね。

内装も結構違う

一番の違いはレカロシートの標準採用。その代わりリアシートは無し。ちょっとさびしいけど、補強が入ってるのを見て興奮。

レカロシート!
レカロシート!
ロゴが眩しい!
ロゴが眩しい!
補強ハァハァ
補強ハァハァ

欲しいパーツがもう一つ。赤いトップになったシフトノブ。これ欲しい。めちゃくちゃ欲しい。誰も見てないうちにコッソリ交換してしまおうとも考えたけど、42歳にもなったオッサンなので我慢。

シフトノブ!
シフトノブ!

ダッシュボードにもステッチが!

ダッシュボードに目を向けると、赤いステッチが!これは通常のJohn Cooper Worksには無い装備!うらやましい!

GPのロゴもあり!
GPのロゴもあり!

リアディフューザーがド迫力!

コレが一番欲しい!外観で一番のポイントとなるリアディフューザー。パーツ単体として売ってない上に、運良く取り寄せできても、かなりの高額になると思われます。

カッコいい!!自分が写ってる!
カッコいい!!自分が写ってる!

マフラーは同じかな~?大径の二本出しタイプ。車検に通ってしまうのが信じられないくらい近所迷惑な音を発します。

2名定員が許容できれば絶対のオススメ

わずかながらもパワーが上がって、軽量化されて、更にスペシャルパーツが盛り込んであって460万円は激安?!2名定員でも問題なければ間違いなく買い!の一台です。

ミニを買おう!

思い立ったが吉日。
このページにたどり着いたという事は、ミニを買う!または検討しているという事。
私もそうでしたが、まずは現在乗っている車の査定が気になるところ。

ディーラーでそのまま査定してもらうのは楽ですが、ネットを駆使して査定をしてもらうと、かなり差額が出てきます。
以前、2台目の車としてホンダのフィットにも乗っていたのですが、1台にまとめるために売却することに。
その時にネットの一括査定を活用し、わずかな手間で20万も買取価格がアップした経験があります。

一括査定をする時のポイントは、携帯をマナーモードにすること。
依頼をすると一気に電話がかかってきます!

メールで査定を送ってくる業者もいるので、その辺りの情報も加味しながら、業者を選別していきましょう。
私の場合、電話はタイミングによって受けて、全てを受けることはしていません(本当にすごい勢いでかかってくるので)

その後査定の日程を決めて、一気に査定を受け、一番高いところに決めました。
今はネットをできるだけ活用する時代。
できるだけ手間を省いて、高い査定を出してもらうのがポイントですよ!
今は一括査定ではなく「あなたの愛車は今いくら?1分でカンタン相場チェック」なんていうサービスもあるようです!



 
スポンサードリンク

Amazonで、JCWルーフスポイラー売ってる!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)