ライブに異変!撮影OK!昨年の2012年4月に行われたDream Theater福岡公演

ライブに異変!撮影OK!昨年の2012年4月に行われたDream Theater福岡公演

ヘヴィメタルが大好きな、いとゆる(@itoyuru)です。あくまでもマイナー音楽ゆえ、話が合うことはなかなかありません。多分、そういうマニアな状況も好きなポイントの一つだと思います。そんな中、嫁もヘヴィメタルを聴くという、なかなか幸せな環境でもあります。
 
スポンサードリンク

顧客満足度につながる新たな試み?!

Yahoo!に「顧客満足度につながる新たな試み 「録音・撮影OKライブ」の是非 (オリコン) – Yahoo!ニュース」という記事が上がっていました。そういえば…

この記事を見て思い出しました!そうそう!私も昨年、この変化に衝撃を受けました!

2012年4月のDream Theater福岡公演

Dream Theaterは、デビュー以来大好きなバンドです。確かデビューした時のキャッチフレーズが「Rush meets Metallica」だったかと思います。ちょっと赤面してしまうようなキャッチフレーズ。変拍子を自然に取り込み、テクニカルでメロディアスなメタル。今では、かなりのビッグバンドとなりました。

そんなDream Theaterが来日し、久しぶりの福岡公演開催ということで気合いのチケットゲット!!

 

6列目だ!
6列目だ!

 

入場待ち!
こういうライブでもメタルファッションの方々を見ることはめっきり減った!

入場時から異変が!

で、入場していくのですが、ここで最初の異変。バックのチェックが無い!チケットもぎるだけで、そのまま会場内へ。

座席に着いて大きな異変が!

座席まで到着すると、な、なんと…

 

バリバリ撮影
皆さん撮影中!

普通に撮影してるじゃないですか。いつもの不機嫌そうなセキュリティの方々も、撮影については全くのスルー。えっ、撮影してイイと?

ってことで、負けずに遠慮なく撮影。

 

マイアングの足元!
John Myungのエフェクター&フットスイッチ

 

ペトルーシの足元!
John Petrucciのメタルポーズ用足置きとフットスイッチ

こんなに豪快に撮影できるなんて初めて!調子に乗ってステージも撮影してみたよ!

 

伸びながら撮影する人たち
伸びながら撮影する人たち

そんなことをしていたら、あっという間に開演の時間。前座さんの公演もあったりで、あっという間のライブ終了…。で、終了後も撮影大会。

 

公演終了後!
Jordan Rudessの傾斜するキーボードがカッコいい!

 

公演後!
Mike Manginiのドラムセットは要塞系!

ライブ中はなんとなく遠慮していたのですが、実は撮影OKだったようです!実際、撮影している人もいました!海外のライブが平気でYouTubeに上がっていたりしますが、そういうことが日本でも可能になったんです!

次に来日公演がある時にはバッチリ撮影するぞ!と思ってたのですが…バンドさんが福岡まで足を伸ばしてくれません…。

ちなみにDream Theaterの最新アルバム「A Dramatic Turn of Events」は、Mike Portnoyが脱退した大穴が心配されましたが、最高傑作といってもいいくらいの仕上がりになってます!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)